スポンサーリンク

「優秀」と「有能」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「優秀」と「有能」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「優秀」「有能」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「優秀」とは?

「優秀」「ゆうしゅう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「他と比較して知力や理解力が高いこと」という意味で、他の人たちと比べて明らかに勉強ができたり、手がけた作業の質が高い様子を言います。

2つ目は「特定の環境において他よりも抜きんでていること」という意味で、仕事ができたり、ミスが少ないなど特定の環境において素晴らしい結果を出すことを言います。

上記に共通するのは「人と比較して優れている」という意味です。

「優」「すぐれる」とも読み「他よりも勝っている」という意味、「秀」「ひいでる」とも読み「他より抜きん出る」「ひときわすぐれる」という意味、「優秀」「他より抜きんでて勝っていること」になります。

「優秀」の使い方

「優秀」「他と比較して知力や能力が高いこと」「特定の環境において他よりも抜きんでていること」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「優秀だ・である」と使われたり、形容詞として「優秀な」と使われます。

基本的に、他と比べて知力や理解力が高く、成績が良いことに使われる言葉です。

「有能」とは?

「有能」「ゆうのう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「才能があること」という意味で、他と比べてものごとをうまく処理する力が高い様子を言います。

2つ目は「役に立つ働きをすること」という意味で、特定の環境において、役立つ働きをする様子を言います。

上記に共通するのは「人の役に立つ」という意味です。

「有」「ある」とも読み「~がある」「存在する」という意味、「能」「あたう」とも読み「ものごとを成し遂げる力がある」という意味、「有能」「ものごとを成し遂げる力があること」になります。

「有能」の使い方

「有能」「才能があること」「役に立つ働きをすること」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「有能だ・である」と使われたり、形容詞として「有能な」と使われます。

基本的に、実務レベルにおいてものごとをうまく処理できて、人の役に立つ働きが出来ることに使われる言葉です。

「優秀」と「有能」の違い

「優秀」「他と比べて知力や理解力が高く、成績が良いこと」という意味です。

「有能」「実務レベルにおいてものごとをうまく処理できて、人の役に立つ働きが出来ること」という意味です。

「優秀」の例文

・『彼は優秀な成績で大学を卒業した』
・『彼女の論文は非常に優秀である』
・『彼は非常に優秀なビジネスマンだ』
・『今期大会において優秀な成績を収めた』

「有能」の例文

・『彼女は非常に優秀な秘書だ』
・『彼は有能な部下を持っている』
・『若くて有能な人材を集めたい』
・『彼はこれからまだまだ伸びる有能な若者だ』

まとめ

今回は「優秀」「有能」について紹介しました。

「優秀」「成績が良い」「有能」「役に立つ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典