スポンサーリンク

「優秀賞」と「奨励賞」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「優秀賞」と「奨励賞」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンテストでは最も優秀なものに贈られる最優秀賞の他にもいろいろな賞が設けられています。

「優秀賞」「奨励賞」もそんな賞のひとつですが具体的にはどのようなものなのでしょうか。

今回は、「優秀賞」「奨励賞」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「優秀賞」とは?

「優秀賞」とは「コンテストなどで特に優秀と認められる成績を残した人や団体に対してその栄養を讃えて贈られる賞」を指します。

コンテストなどでは最も優秀な成績を収めた人や団体に対し「最優秀賞」が贈られます。

しかし、コンテストの目的は必ずしも一番を探すことではありません。

優れたもの、秀でたものに対して公平に評価することを目的とするコンテストでは惜しくも最優秀賞に届かなかったものに対しても優れた結果をたたえて賞を贈ることがあります。

「優秀賞」とはそのような最優秀賞以外に贈られる賞のひとつです。

一番ではなかったが極めて優れていることを讃える賞であり二位や三位、あるいは各部門における最も優れたものなどに贈られます。

「優秀賞」の使い方

・初参加で優秀賞を獲得した。

・レベルが高かったので優秀賞は3名に贈られる。

・優秀賞の副賞として賞金をもらった。

・優秀賞受賞作品の出版が決定した。

「奨励賞」とは?

「奨励賞」とは「コンテストなどで特に今後の活躍が期待される人や団体に対して期待を込めて贈られる賞」を指します。

「奨励賞」「奨励」には「物事を褒め称えて勧めること、良いとされることの後押し」という意味があります。

「奨励賞」はコンテストにおける結果を褒め称えつつより一層の努力を期待して後押しする気持ちを込めて贈られます。

「奨励賞」がないコンテストもたくさんあります。

コンテストの参加者の中に該当者がいないケースは多く、常設の賞としては設けられていないが特に評価に値する参加者がいた時のみ「奨励賞」を特別に設けることもよくあります。

「奨励賞」の使い方

・最年少の参加者に対して奨励賞が贈られる。

・奨励賞がでたのは5年ぶりだ。

・受賞した奨励賞を励みにさらに努力を重ねる。

・まだまだ荒削りだが将来性への期待を込めて奨励賞を贈る。

「優秀賞」と「奨励賞」の違い

「優秀賞」「奨励賞」に厳密な決まりはなくコンテストによって基準はバラバラです。

中にはほぼ同じような選考基準で選んでいることもあります。

一般的な違いとしては「どこを評価しているのか」が異なります。

「優秀賞」で評価されているのはコンテスト「完成度」です。

出来栄えがいい、レベルが高いなど優れているものに対して贈られるのが「優秀賞」であり評価軸としては最優秀賞と同じです。

「奨励賞」で評価されているのは現時点での完成度ではなく「将来性」です。

現時点では優秀とはいえないが今後成長を続ければかなりの期待が持てる、というような将来性に優れた人や団体に送られるのが「奨励賞」であり順位争いとは別軸で評価されます。

まとめ

「優秀賞」「奨励賞」はそれぞれ別の基準で評価されています。

どのような理由で受賞しているかによって賞の保つ意味は大きく変わります。

賞の意義やこめられた思いを理解するためにも言葉を正しく理解しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典