「元凶」と「首謀者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「元凶」と「首謀者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「元凶」「首謀者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「元凶」とは?

「元凶」とは、悪いことを引き起こした一番の大きな原因という意味になります。

また悪事を企んだ中心人物のことでもあります。

「元凶ははっきりしている」「あいつが、この事件の元凶だ」「社員が次々に辞めた元凶は、部長のパワハラです」などと、使います。

「首謀者」とは?

「首謀者」とは、悪いこと、陰謀などを中心となって企てた人のことを言います。

つまり悪事をはたらいた集団におけるリーダー、トップという意味です。

「下っ端はどうでもいい、首謀者を見つけ出せ」「首謀者は誰だ」などと、使います。

「元凶」と「首謀者」の違い!

「元凶」「首謀者」の違いを、分かりやすく解説します。

「元凶」とは悪いことを引き起こした一番大きな原因という意味があります。

悪いことの原因が人である場合もありますし、天候、環境といったように人ではない場合もあります。

人であった場合は「首謀者」とも同じ意味となります。

「首謀者」とは悪事、陰謀などを中心となって企てた人のことを言います。

つまりグループ内で一番悪い人、リーダーということになります。

「元凶とは悪いことの一番大きな原因」「首謀者とは悪事、陰謀を中心となって企てた人」と覚えておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「元凶」「首謀者」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

同じ意味として使うこともできますが、「元凶」には「悪いことの一番大きな原因」という意味がありますので、その意味においては「首謀者」と混同しないように気をつけて使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典