スポンサーリンク

「充当」と「流用」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「充当」と「流用」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「充当」「流用」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「充当」とは?

「充当」は、目的があると仮定し、その目的を達成させるために何かを割り当てて目的を達成させる手法です。

例えば、借金がある場合借金を返済するためには何かを割り当てれば借金の返済可能で借金を返済するための何かが、このケースの場合、「充当」に当たる部分になります。

「流用」とは?

「流用」は、今現在進行している物を目的とは別の物に使用することです。

つまり「流用」は、目的が達成されていようがいまいが関係なく、転用可能なものを「流用」と呼びます。

例を挙げれば、自動車のスプリングに使用するバネを別の物に転用した場合、これは、「流用」となります。

「充当」と「流用」の違い

「充当」「流用」の違いは、目的を達成するために何かを割り当てるか、目的はどうでもよく、今現在進行している技術や物をほかのことに転用するかという違いです。

つまり、「流用」は技術や物をほかのことに転用することで、目的を達成していてもそれらを転用することは許されます。

しかし「充当」は、今現在の目標を達成させることのみを重視していますので実質目的の達成方法が技術などの転用である場合、「流用」もまた、「充当」の方法の一部になるのです。

「充当」の例文

・『では、こちらの商品を充当させていただきます』
この例は、借金などの返済法としてこちらの商品と言われるものを差し押さえ現金に換えたという例になります。

「充当」は、目的を達成させることを重視し、この場合、借金を返済することを重視していると見た場合、「充当」は借金を返済するための手段のことを指しているのです。

「流用」の例文

・『リチウムイオンバッテリーの高容量化技術をモバイルバッテリーに流用する』
この例は、目的はどうであれ、今現在の技術を転用してほかのことに生かそうとした例です。

この例では、リチウムイオンバッテリーの高容量化という技術をモバイルバッテリー容量を増やす技術に転用したという例になります。

まとめ

「充当」「流用」の違いは、手段としてみた場合、「充当」は目的を達成させることのみに着目した目的の達成法のことです。

例えば、借金の返済などの方法では、別の物に置き換えて目的を達成させる手法になり、「充当」はいわば目的を達成させるための置き換えになります。

一方、「流用」は目的の達成などはどうでもよく、今ある技術や物をほかのことに転用することで役に立つ者へと変貌させることが重視されており、「流用」は技術や物が別のことに変化した際、利点を生み出さないと意味を成しません。

あくまで意味が無いというだけで、実際に意味が無い「流用」という物は存在していますが「流用」は役に立つ技術に生まれ変わる方が望ましく、企業としても今ある技術や物が別の物に生まれ変わるうえで役に立つものになる方が企業として望ましいのが「流用」という仕組みです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典