「児」と「子」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「児」と「子」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「児」「子」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「児」とは?

「児(こ・に・じ)」とは、「幼児期・児童期の年齢に相当する幼い子供」のことを意味している言葉です。

「児」という漢字は単独で使われることがほとんどなく、「幼児・児童・孤児・小児科」といった特定の決まった言葉(漢熟語)で使用されています。

例えば、「3~4歳頃の幼児は元気にいたずらばかりするので大変です」「児童書のコーナーで子供の読む本を探しました」といった例文で使用することができます。

「子」とは?

「子(こ)」とは、「人間の小さな子供」「まだ自立していない年少の男女・一人前では幼い子供」のことを意味している言葉です。

「子」という表現には、「親子関係における子・親に対する子(親から生まれたもの)」「血縁関係がある子供あるいは養子縁組した養子」の意味もあります。

また「子」には「元になるものから分かれでたもの・元(親)になるものに従属しているもの」の意味もあり、「子会社・竹の子・数の子」などの言葉で使用されています。

「児」と「子」の違い!

「児」「子」の違いを、分かりやすく解説します。

「児」「子」もどちらも「一人前とは言えない小さな子供・年少の子供」を意味している言葉でよく似ていますが、「子」のほうが「児」よりも一般的によく使われる違いがあります。

「児」の漢字を単独で「こ」と呼んで使用することはまずありませんが、「子」の漢字は単独で使用できる違いもあります。

「児」の漢字は通常、「小児・幼児・児童・孤児・小児科」などの決まった漢熟語として使われるのです。

また「児」という言葉は「幼児期から児童期の年代に当たる幼い子供」だけを意味していますが、「子」には「年齢を特定しない親子関係における子」「子会社のように元になるものに従属しているもの」の意味もある違いを指摘できます。

まとめ

「児」「子」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「児」とは「幼児期・児童期の年齢に相当する幼い子供、小児科などの特定の言葉で使用される漢字」を意味していて、「子」「人間の小さな子供・自立していない年少の男女・親子関係における子」などを意味している違いがあります。

「児」「子」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典