スポンサーリンク

「全身」と「渾身」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「全身」と「渾身」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

作文などを仕上げているとき、「全身」「渾身」の違いが分からずに途方に暮れることがあります。

この記事では、「全身」「渾身」の違いを分かりやすく説明していきます。

用語の違いを知って、文章力をアップさせていきましょう。

スポンサーリンク

「全身」とは?

全身とはからだ全体のこと。

通常は頭のてっぺんから、足のつま先までをあらわします。

その人すべてという意味があって、同じ意味の言葉に総身(そうしん)があります。

「全身が痛い」というと、からだ全体が痛いという意味になります。

「全身」は眼や歯・肩など特定の箇所と、区別したいときにも良く用います。

たとえば全身麻酔というと、からだ全体にかける麻酔のこと。

からだの一部分にかける局所麻酔と区分けしたいときに用います。

また「全身」にはまっしぐらに・一生懸命にという意味もあります。

「全身全霊で取り組みます」というと、持っている能力をすべて出し切りますという意味です。

無精をしないで本気で挑戦したいときにも「全身」という言葉は利用されます。

「渾身」とは?

全身とよく似た言葉に「渾身」(こんしん)があります。

渾身も全身のこと。

からだの全部をあらわす言葉になります。

同じような意味の言葉に五体などがあります。

渾身の「渾」は泉がこんこんとわき上がる様子をイメージして作られた漢字です。

わき上がった水は、やがて1つの川になるので「渾」には「もろもろ・すべて」という意味があります。

「身」は肉体という意味があるので、渾身は肉体すべて・からだ全体という語彙になります。

渾身には「全力」というニュアンスも含まれています。

渾身の力を振りしぼるというと、持てる力をすべて出し切るという意味になります。

渾身の力を込めてというと、ベストを尽くすという内容になります。

本気でぶつかり合うときに用いられる表現です。

「全身」と「渾身」の違い

どちらも体をあらわす「身」が付いているので、どちらを使うべきか判断に困ることもあります。

「全身」「渾身」の違いを、分かりやすく解説します。

・クリニックでは「全身」
全身も渾身もからだの全てをあらわす言葉です。

ただ医学の世界で用いるときは「全身」をつかいます。

全身麻酔や全身脱毛・全身ドッグも、医療の世界でつかわれている言葉です。

病院や脱毛サロンでからだ全体のことを指す場合は、渾身と言わず全身というので注意しておきましょう。

・本の宣伝は「渾身」
また全力をあらわしたい時は、全身と渾身どちらも使います。

どちらも同じ内容の言葉ですが、見た目の迫力がすごいことから「渾身」を好んでつかう編集者やコピーライターもいます。

渾身の一撃・渾身のデビュー作といった具合につかいます。

まとめ

からだ全体という意味があたるのが「全身」「渾身」です。

どちらも同じ意味合いの言葉ですが、クリニックなどの医療の世界で使われるのは全身です。

渾身は言葉の響きから、近年では本のキャッチコピーなどに用いられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典