スポンサーリンク

「具体化」と「実体化」と「実践化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「具体化」と「実体化」と「実践化」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「具体化」「実体化」「実践化」の違いを分かりやすく説明していきます。

よく似た言葉を、使い分けていきましょう。

スポンサーリンク

「具体化」とは?

具体化(ぐたいか)とは、漠然としたものをより分かりやすい形にすること。

机上のアイデアを企画に落とし込んだり、実際に実現させていったりするプロセスです。

ぼんやりとした課題を具体的に解決していくのが「具体化」です。

具体化する際には、心にある思いをアウトプットさせていきます。

メモに書いたり、資料に書き写したり、企画書を作っていきます。

夢の実現に向けて、より具体的に踏み込んでいく作業が具体化です。

「実体化」とは?

実体化(じったいか)とは、目に見える形状に変えていくこと。

色々な技術をつかって、立体的な物に変化させていく作業をいいます。

例えばとある花の画像を加工して、3D映像に進化させることも実体化と呼びます。

またシステム設計の現場で、設計図を落とし込んでいく作業を実体化といいます。

平べったい図面を、立体的なものに書き起こしていくこと。

プログラムを構築していく作業が実体化です。

一部の業界でつかわれる、専門性の高い用語になります。

「実践化」とは

実践化(じっせんか)とは、自分の手で実行していくこと。

他の人に頼らずに、できるだけ自分の手で進めていくことです。

また確かな理論をもとに、行動を起こしていくさまも実践化といいます。

実践化の「実践」には、自分の足で土を踏んで、成功を追い求めていくという意味があります。

そのためただ立ち止まっているのではなく、自分の足で力強く踏み出していく動作を実践化といいます。

他力本願にたよらない、力強さのある言葉です。

「具体化」と「実体化」と「実践化」の違い

まず具体化とは、温めていたプランを表に出していくこと。

実際に運用していくことです。

また運用するために、話し合いを進めることを「具体化を検証していく」といいます。

大きな夢の実現に向けて、多くの人が力を合わせておこなうことが具体化です。

そして実体化とは、空想上のアイデアをリアルな形に変化させること。

英語に例えると「リアライズ」になります。

リアライズとは、現実世界の物にターゲットを加工していくことです。

実体化はゲーム制作や3D加工、デジタルアートの世界で使われています。

さらに実践化とは、自分の足で実行していくこと。

ある理論に基づいて、確かな足で踏みだしていくことです。

実践はもともと哲学から生まれた言葉なので、人類のメカニズムを解き明かす際に用いられています。

まとめ

「具体化」「実体化」「実践化」の違いを分かりやすくお伝えしました。

具体化とはプランを実行すること。

アウトプットさせていく作業です。

そして実体化とは技術を用いて、立体的な構造にすること。

現実の世界に反映させることです。

さらに実践化は、自分の足で行動していくこと。

同じように見えても、はっきりした違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典