スポンサーリンク

「内閣」と「与党」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「内閣」と「与党」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「内閣」「与党」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「内閣」とは?

「内閣」は、党首の派閥の中から代表を選出して国務を遂行する大臣を選出することです。

この時、国務大臣は、首相を選出した多数の票を持つ党から選ばれます。

なお、国務大臣は、総理が任命を行いますが、罷免する権利も総理です。

「与党」とは?

「与党」は、大多数の票を取得して総理大臣を輩出した党派です。

その上で、「与党」には、権限が与えられ内閣を支えることや国務大臣の選出という役目が与えられます。

一方、総理を選出できなかった党派は野党と呼ばれ政権を担当してない党派です。

なお、野党の役割は、代替え案を出す要望の他、批判をすることにあり、言い方が悪いのですが野党は、存在意義を見いだすことができるのは政権を非難することにおいてのみ最も着目される党派になります。

「内閣」と「与党」の違い

「内閣」「与党」の違いは、国務大臣という大きな仕事を担当する日本の中枢になるか、単に国務大臣を輩出するための集まりであるかです。

「内閣」は、国務大臣となり総理を支える立場で活動しますが、「与党」はあくまで国務大臣を支えることが優先されます。

つまり、トップダウン式に命令系統が移行するため、国務大臣の役目をその下の人物が実行するということです。

「内閣」の例文

・『内閣官房長官』
「内閣官房長官」は、総理大臣の補佐に当たる役職です。

役割は国務長官などのお仕事の調整の他、記者会見での対応など様々で、総理大臣の右腕となり活動することが許されます。

「与党」の例文

・『与党と野党』
この例は、政治の実権を握った党派と政治の実権を握ってない党派という意味の例です。

「与党」は政治の実権を握っている党派に当たり、野党は政治の実権はありません。

しかし、政治において代替え案の定義の他、政権を批難して間違いを指摘する役割が与えられていますが、実質的にそれらの要請が受け入れられることは稀で、場合によっては意図的に内閣の転覆をはかる行為とみられるため、政権に対しての影響力は微妙です。

まとめ

「内閣」「与党」の違いは、国務大臣となり活動することか、国務大臣を選んで輩出するかです。

「内閣」入ってしまえば政治の中枢であるが故、総理大臣一人ですべての決定権や任命権を与えるのは厳しく、総理を補佐するポストとして国務大臣という職があります。

その職に就くことができるのが「与党」の党内にいる人物になり政権を取った党首が存在する党派から国務大臣というポストに就く人物を輩出します。

一方野党という政権を握ることができなかった党派がありますが、この党派にも実は役割があり、政権が正しい方向に向かなかった場合、代替えの案を提示して政治を維持知的に担うという役割や、相手の政権を批難して政権を交代させるという役割がありますが、時と場合によっては、単なる政権の転覆を目指す集団とみられることがあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典