スポンサーリンク

「再来」と「全員」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「再来」と「全員」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「再来」「全員」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「再来」とは?

「再来」には2つの意味があります。

一つは、以前にあったのと同じ状況や状態がまた起こることです。

過去にガングロというものが流行しました。

ファンデーションで塗ったり、日焼けサロンに行ったりして肌を黒くし、黒のアイライナーと白のアイシャドウなどで目の周りを塗り、白の口紅を塗ったスタイルです。

髪は金色やオレンジ色をしていることが多いです。

現在はこのようなスタイルを見ることが少ないのですが、もしもこのスタイルがまた流行をすれば、ガングロブームが「再来」したということができます。

ブームというある状態がまた起こっているので「再来」です。

もう一つの意味は、一度死んだ人が再びこの世に生まれてくること。

生まれ変わりです。

伝説的な記録を残したAというプロ野球選手がいたとします。

すでにこの人は亡くなっています。

その後、この選手と同じくらい素晴らしい活躍をみせてくれる選手が登場しました。

この人は「A選手の再来」といわれています。

「再来」は、別の姿に変わって生まれてきたという意味合いです。

死んだ人が再び息を吹き返すことではありません。

「再来」の使い方

再び同じような状態・状況になることを指して使用されています。

あるブームが再び起こる、ある事件が再び起こる、ある時代が再び訪れるなどをいいます。

「全員」とは?

その集団に属するすべての人という意味です。

ひとりひとりが、残らずそろっていることを意味しています。

ツアー旅行に15人が参加したとします。

観光地についてからは自由行動で、時間になったら決められた場所に集まることになりました。

決められた時間になり、15人がそこに集まりました。

一人残らず、すべての人がそろっています。

これを「全員が集まった」と表現できます。

ツアー旅行の団体に属している人のすべてという意味で「全員」です。

ツアー旅行以外のことについても、ある集団に属する人のすべてを意味している言葉になります。

「全員」の使い方

ひとりも残らずそろっていることを指して使用をします。

ある集団に属する人についていいます。

人について使用をし、動物についてはあまり使用しません。

「再来」と「全員」の違い

どちらの言葉も人に関係しているのですが、意味は異なります。

「再来」は再び起こること、再び生れ出ることです。

「全員」はすべての人です。

「再来」の例文

・『汽車ブームが再来しそうだ』
・『キリストの再来』
・『文明改革の再来』
・『あのときの事件が再来しないことを祈る』

「全員」の例文

・『全員集まりましたか?』
・『全員で協力をする』
・『イベントに全員が参加できました』
・『全員に同じものを手渡す』

まとめ

人に関係する2つの言葉ですが意味は異なります。

一方は再び起こること、再び人が生まれること、もう一方は集団に属するすべての人を意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典