スポンサーリンク

「写す(写る)」と「映す(映る)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「写す(写る)」と「映す(映る)」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「写す(写る)」「映す(映る)」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「写す(写る)」から、取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

「写す(写る)」とは?

最初に「写す(写る)」の意味をご説明致します。

「写す」「写る」の表現を用いる場合は、対象物を写真などに撮ったときに姿かたちが、現れることを指しております。

また光の関係によって、下の方にある文字などが紙を通して、透けて見えるさまも指します。

「映す(映る)」とは?

次に「映す(映る)」の意味を解説していきます。

「映す」「映る」の表現のときは、光線が反射することなどで、対象物の姿を表面に映すことです。

また映像をテレビ上に映すことや、生じた物事の影響が他にまで及んでいることを、表します。

「写す(写る)」と「映す(映る)」の違いとは?

この項目においては、「写す(写る)」「映す(映る)」の違いを取り上げてみましょう。

「写す」「写る」の場合は写真などに、姿かたちが撮られたときのことです。

また光の関係なども影響し、下にある絵などが紙を通し、透けることも指します。

「映す」「映る」の方は光の反射により、表面に形を現すことです。

そして映像などをテレビ上に映し出すことと、時代などの影響が、他にまで及んでいることなどを指します。

「写す(写る)」と「映す(映る)」の使い方の違い

ここでは「写す(写る)」「映す(映る)」の使い方の違いを説明します。

「写す」「写る」を使うときは、写真撮影されたものが、写真に写っているときに使います。

また、対象物が紙を通して透けているときにも使うのです。

こちらの「映す」「映る」の場合、光線などの反射によって映し出されるものを表しております。

尚、テレビに映像が映ることや、社会背景などの影響が他にまで及んでいることなどにも使います。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方
「彼女を写真に写しました」
「絵が透けて写る」
後者の使い方
「資料をモニターに映すことにしました」
「ファッションは時代も、映ると思います」
「反射して映っている」

「写す(写る)」を使った例文

それでは「写す(写る)」を使った例文を書いていきます。

・『透けて写るために、見にくいです』
・『写真に写すことで、後世に伝えようと思いました』
・『思い出を写真に写すようにしております』
・『友達が写真に写る』
・『写真に写るのは恥ずかしいので、自分は遠慮します』

「映す(映る)」を使った例文

最後の項目において、「映す(映る)」を使った例文を書きます。

・『手鏡に年老いた自分を映す』
・『記録映像を映すために、準備している』
・『友達が動画に映るのは、なんだか嬉しい』
・『時代背景も映すことが可能であると思います』
・『みんなに影響されて、映る人もいるのだ』

まとめ

まとめとして「写す(写る)」の場合は、写真に対象物が納まることを指します。

また、光の関係によって紙を通し、文字などが透けることも表現します。

そして「映す(映る)」の方は光線の関係上、反射などによって姿を現すことを指します。

他には、映像をテレビに映しだすことと、対象になる物事の影響が、他にまで映っていることを表すのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典