スポンサーリンク

「凶器」と「武器」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「凶器」と「武器」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「凶器」「武器」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「凶器」とは?

人を傷つけたり殺したりするために用いられる道具、また人を傷つけたり殺したりするときに用いられた道具です。

この言葉が意味するものには、銃、棒、ナイフなどがあります。

どれも、人を傷つけたり、殺したりする力がある道具です。

しかし、銃、ナイフなどを指す言葉なのではなく、人を傷つけたり、殺したりするために用いられた場合にこの言葉を使います。

たとえば、ナイフは果物の皮をむいたり、野菜を切ったりするために使うことができます。

このような使い方をしているときには、「凶器」とはいわないことが一般的です。

しかし、ナイフを人に向ければ「凶器」になってしまいます。

人を傷つけたり、殺したりするときに、薬物を使ったり、殴ったりすることもできます。

しかし、これらは「凶器」とはいいません。

「器」という漢字には、道具という意味があります。

薬や殴る手などは道具ではないので、「凶器」とはいわないのです。

道具についてだけを意味している言葉になります。

「凶器」の使い方

新聞やテレビなどのニュースでこの言葉を見聞きする機会が多いです。

殺傷事件があったときに、この言葉が使われています。

殺傷があったときに使われた道具が、この言葉が指すものです。

「武器」とは?

「武器」には2つの意味があります。

一つは、戦に用いられる道具や器具です。

この言葉が指すものには、銃、刀、槍、弓などさまざまなものがあります。

戦争のような戦いに用いるものだけを指しており、殺人事件に使用されるものではありません。

たとえば、戦国時代には槍、刀剣、弓などが使われていました。

時が流れて技術が進歩すると銃も使われるようになります。

第二次世界大戦では小銃、二式銃剣、三十年式銃剣などが用いられています。

戦争には潜水艇や航空機など大きな道具や機械が使われましたが、このような大きなものは「武器」とはいいません。

もう一つの意味は、何かをするときに効果を発揮する手段となるものです。

「人気を武器にする」のような使い方をします。

実際に人を傷つけたりするために道具のことではありません。

「武器」の使い方

戦に使用する道具を指して使うことが多い言葉です。

現代の日本では戦争はありませんが、ゲームの中などでの戦いで使われる道具を指して、この言葉が使われています。

「凶器」と「武器」の違い

どちらも人を傷つけたり、殺したりする力のある道具を指しています。

「凶器」は殺傷事件などのときに使われる道具を指しています。

「武器」は戦争などのときに使われる道具を指しています。

「凶器」の例文

・『犯人は凶器を所持していた』
・『現場には凶器が残されていた』

「武器」の例文

・『武器を輸送する』
・『倉庫で武器を保管する』

まとめ

人を傷つけたり、殺したりする力がある道具を指す2つの言葉ですが、どのような場で使われるのかに違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典