「出来事」とは?意味と類語!例文と使い方!

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「出来事」の意味とは?

「出来事」という言葉には、「世間で起こる様々なこと」という意味があり、私達の周りで起きている全てのことを指しています。

日頃の生活の中で起きたことや、仕事の時に体験したこと、ニュースで見るような世界各地で起きたことまで全てを指してきます。

「出来事」の読み方

「出来事」「できごと」と読みますが、日常的によく出てくる言葉なので、読み方が分からないというケースはあまりないと思います。

「出来事」の言葉の使い方

この「出来事」という言葉は、様々なことを指していますので、普段の生活の中で起きたことから、多くの人が注目してしまいそうなビッグニュースまで、「出来事」で言い表すことが可能です。

嬉しいこと、苦しいこと、楽しいこと、大笑いしたこと、泣きたいこと、日との喜怒哀楽まで含めた諸々のことも「出来事」になります。

「出来事」を使った言葉と意味を解釈

では、普段、よく耳にすることがある「出来事」に関する言葉の意味を解釈していくことにしましょう。

「今日の出来事」

「今日の出来事」とは、「その日に起こった色々なこと」という意味がある表現です。

ビジネスの世界では「今日の出来事」を振り替える意味で、業務日報というものを作成することが、義務付けられている会社がたくさんあります。

この日報を書く目的は、上司にその日に起きた出来事を報告することを目的としており、また備忘録として自分の仕事の振り返りをする際のメモとして残しておく目的もあります。

「良い出来事」

「良い出来事」とは、「その日に起きた良いこと」、あるいは「良い行いをしたこと」と言う意味で理解することができるでしょう。

「一日一善」という言葉がありますが、自分で1日に1回は良い行いをすることが大切です。

困った人を助けるだけでなく、道端に落ちているゴミを拾って片付けることや、電車の中でお年寄りの方に席を譲ることなど、様々な「良い行い」をする機会があるはずです。

そのようなことが積み重なることで、たくさんの「良い出来事」が生まれてきて、住み良い社会になっていくのです。

もし、あなたが目の前で「良い出来事」に出合ったなら、その時はとてもいい気持ちになっているはずです。

そのためにも、自らから「良い出来事」を作るようにしていきたいものです。

「出来事」を使った例文や短文など(意味を解釈)

では、ここで「出来事」を使った例文を見ていくことにしましょう。

「出来事」を使った例文1

「人生において、その時に遭遇した出来事の意味を理解することは、必ずもその時ではなく、後から振り返った時もあります」

この例文の意味を解釈して理解するためには、「因果応報」ということを知っておく必要があるかもしれません。

「因果応報」とは、「全ての出来事には必ず何かしらの理由がある」ということですが、自分の身近なところで起きたことも、何か自分自身に関わる理由があるということです。

しかし、その理由は出来事が起きた時にすぐに理解できないこともあり、後からその意味が見えてくるということも少なくもありません。

「出来事」を使った例文2

「全ての出来事には、必ず意味があることを知っておくことが必要だ」

この例文も前の例文と同じ意味合いのある言葉です。

もし、あなたに苦しいことが起きたのなら、それはあなたがその苦しさを乗り越えることで、さらに自分を高めるための試練と受け止めることが必要です。

世の中には色々な「出来事」がありますが、自分にとって、心地良いものばかりではありません。

むしろ苦しいことの方が多いのではないかと思います。

しかし、それを乗り越えることで、更なるステップアップができることが、ここに出来事の意義があると思うのです。

「出来事」の類語や言い換え

では、ここで「出来事」の類義語を見ていくことにしましょう。

この言葉に似ている言葉には、どんなものがあるのでしょうか?

「イベント」

「イベント」という言葉が「出来事」の類義語として挙げられます。

「行事」「催し物」という意味で用いられることが多い言葉ですが、「運動競技や試合の種目」のことでも、この「イベント」が使われています。

「本日のメインイベント」「今日のイベント」などで身近な場面でよく出てくるので、とても親しみのある言葉ではないかと思います。

「事象」

少し硬い印象を与える言葉ですが、「事象」というものも「出来事」の類義語の1つとして扱うことができるでしょう。

「観察しうる形をとって現れる事柄」という意味があり、「仮想空間での事象」「自然界での事象」という使われ方をします。

かなり専門的な用語のような感じもするのですが、おそらく研究者や技術者が、自分の仕事の中で、よく使っている印象を受けます。

普通の生活の中での会話では、そんなに多く使われることはありませんが、特定の業界や分野では、頻繁に出てくることがあります。

「出来事」の英語や例文(解釈)など

「出来事」を英語で表現すると、“event”“happening”などの言葉で訳すことができますが、少し形式ばった表現だと、“occurrence”という言葉で言い表すこともできます。

“event”は、類義語でも紹介した「イベント」の元々の言葉ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典