スポンサーリンク

「出自が卑しい」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「出自が卑しい」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「出自が卑しい」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「出自が卑しい」とは?意味

「出自が卑しい」は、生まれた出身地が他者と比較した場合、地位が明らかに低い物ばかりが住む場所であるが故劣っていることを述べています。

この言葉は、わざわざ卑しいという言い方をすることで遠回しに、劣ったものであることを述べています。

「出自が卑しい」は、直接、生まれた場所が悪いと言えばよい物をわざわざ遠回しに言うことで、相手に対してマイナスの言葉を投げかけていることをごまかしている言葉でもあります。

「出自が卑しい」の概要

「出自が卑しい」の卑しいという言葉ですが、実は元々は、身分が低いことを指し、卑弥呼という文字にも卑しいという言葉が使われており、実は相手を遠回しに馬鹿にするためにある言葉です。

卑弥呼の場合、王であるが女性であるということで身分が低いと罵られ、それを中国の王は卑しいという言葉を相手が理解しないことを良しとしたが故卑しいとは王族であろうと遠回しに相手を馬鹿にしたり身分が低いとしたのです。

そして、「出自が卑しい」も同様に相手に理解されることなく馬鹿にするために用いられた言葉として定着しています。

「出自が卑しい」の言葉の使い方や使われ方

「出自が卑しい」は相手の身分が低いことを馬鹿にするために使用します。

ただ、現在では身分制度が機能していない国が多く、どちらかというとみ分よりもお金を持っているかそうではないかの方が重要である国においては王族であろうと、一般人だろうとお金がすべてであるため、あまり「出自が卑しい」という概念自体が成立しなくなりつつまります。

「出自が卑しい」を使った例文

・『出自が卑しいと他者を馬鹿にするのは封建・身分社会であるがゆえである』
この例は、自分の身分が低いことで他者を馬鹿にすることは身分社会制度が強い社会故であるとした例です。

「出自が卑しい」が生まれ落ちた際の身分が低いことであり、かつ出身地が悪く、他社よりも劣っている場所で生まれたが故差別を受けることにあり、それらは身分社会制度という、貴族や王族などの一部がすべてであるとした社会であることだとしています。

ですが、お金がすべての資本主義であれば、成立しない社会制度であるとも言えるのです。

まとめ

「出自が卑しい」の卑しいという言葉は、実は相手側が自分の置かれている立場をよく理解しておらず、その上で自分に合った身分ではないことをしているが故卑しいとされており「出自が卑しい」とは、身分にふさわしくないポジションにいるものを指すのです。

このことは魏志倭人伝に登場した卑弥呼もまさにその例から卑しいと中国側から名付けられ女王として君臨しましたが、中国側は不相応であるとしたうえで、卑しいの意味すら理解できないと踏み名を卑弥呼と呼んだわけです。

ですが、この「出自が卑しい」は現在国によっては機能しなくなりつつあり、その理由は、資本主義や民主主義の到来により、実は人は平等なのではないかという考えから能力さえあれば人は偉くなれるということから、「出自が卑しい」という身分制度により他者を馬鹿にする風潮は無くなりつつあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典