スポンサーリンク

「分かれる」と「別れる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「分かれる」と「別れる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「分かれる」「別れる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「分かれる」とは?

「分かれる」とは、一つであったものが、別々のものとなるという意味と、まっすぐな道がある地点で方向が異なること、一つにまとめることができない状態になること、といった意味があります。

「全員一緒の車には乗れないから、二台に分かれる」「ここで道が分かれるから、迷わないように気をつけて」「意見が二つに分かれる」などと、使います。

「別れる」とは?

「別れる」とは、人や場所から離れて去るという意味で使います。

また、恋人同士が関係を解消する、離婚する、死別するといった時にも使います。

「家まで送らずに、駅前で別れることにした」「彼と別れる決意をした」「旦那に別れると言ったら、激怒された」「こんな風に別れるのは嫌だ」などと使います。

「分かれる」と「別れる」の違い!

「分かれる」「別れる」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも読みかたは「わかれる」と同じですが、意味が違いますので文章にする際は正しく使い分けるようにしてください。

「分かれる」とは一つであったものが複数になる、道などがある地点から方向が異なる、一つにまとめることができない状態という意味で使います。

一方の「別れる」とは人や場所から「離れて去る」という意味です。

また「離婚」のことを「別れる」とも言いますので気をつけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「分かれる」「別れる」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの意味を正しく理解して、ふさわしい漢字を当てるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典