「分解」と「還元」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「分解」と「還元」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「分解」「還元」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「分解」とは?

「分解(ぶんかい)」とは、「化学変化の影響で、1つの物質が2種類以上の異なる物質に分かれること」を意味している化学用語です。

例えば、「水(H2O)が水素(H2)と酸素(O2)に分かれるような化学変化」のことを「分解」と呼んでいるのです。

「分解」の対義語(反対語)として、「2種類以上の物質が合わさって1つの物質になること」を意味する「化合」があります。

「分解」という化学変化は、「化合物(2種類以上の分子が組み合わさった物質)が複数の物質に分かれること」を意味しているのです。

「還元」とは?

「還元(かんげん)」とは、「酸化物から酸素だけを取り除く化学変化」のことを意味している化学用語です。

化学における「還元」というのは、「酸化銅から酸素だけを取り除く化学変化・酸化鉄から酸素だけを取り除く化学変化」のことを意味しているのです。

「還元」には、「ある物質に水素(電子)を与えること」といった解釈もできます。

一般的な言葉として使う「還元」には、「物事を元の状態やかたちに戻すこと」といった意味合いがあります。

「分解」と「還元」の違い!

「分解」「還元」の違いを、分かりやすく解説します。

「分解」「還元」はどちらも「元の物質が異なる複数の物質に分かれる化学変化」を意味している点では同じですが、「分解」というのは「1種類の物質が2種類以上の異なる物質に分かれる変化すべて」を意味しています。

「分解」に対して「還元」のほうは、「酸化物から酸素を取り除く化学変化」を意味している違いがあります。

ただし「還元」「酸化銅が銅と酸素という2種類の物質(分子)に分かれる化学変化」であるため、「還元」「分解の化学反応の一種」として解釈することができます。

まとめ

「分解」「還元」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「分解」とは「化学変化によって1つの物質が2種類以上の別の物質に分かれること」を意味していて、「還元」「酸化鉄が鉄になるように、酸化物から酸素だけを取り除く化学変化」を意味している違いがあります。

「分解」「還元」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典