スポンサーリンク

「別天地」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「別天地」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「別天地」の意味を分かりやすく説明していきます。

あやふやな言葉を、正しく理解していきましょう。

スポンサーリンク

「別天地」とは?意味

別天地(べってんち)とは、この世の物とは思えない、天国のような場所のこと。

都会の喧騒を忘れさせてくれる、静かなロケーションを指します。

日常とは異なる別世界や、秘境をあらわす美しい言葉です。

「別天地」「別の天地」とあらわします。

「天地」「あめつち」と読むこともでき「世界中」をあらわす言葉です。

ここに「別の」が加わるので「この世とはちがう世界」を別天地といいます。

花が咲いて鳥が戯れるような、まるで神様が住んでいるような理想郷が「別天地」になります。

「別天地」の概要

「別天地」は、浪漫主義を築いた李白という詩人にまつわる用語です。

李白は『山中問答』という詩の中で「人間が住む世界とは、異なる世界がここにある」という一文をしめしました。

桃の花びらが浮かぶ湖、みどり深い山が見える里に心から感銘して「別天地」と名付けたのです。

現在ではあくせくした日常を抜け出したリゾート地、のんびりとした時間が流れている異世界を「別天地」と呼んでいます。

珠玉の時間がすごせる、やすらぎの空間が別天地となります。

「別天地」の言葉の使い方や使われ方

「別天地」はこのように使います。

・『新しくできたホテルは、都会からすぐの別天地と話題を集めている』
・『市街地から車で15分ほど車を走らせると、別天地のような絶景が現れた』
・『退職金が出たら、別天地でのんびり暮らすのが夢です』
別天地は林や湖に囲まれた、のどかな場所をあらわします。

仕事や家事に追われない、のんびりとした時間が流れている場所です。

そのため地方のリゾートホテルや、自然が広がるロケーションを語るときに「別天地」は使われます。

いつかは訪れてみたい、神様が住むような場所です。

「別天地」の類語や言いかえ

「別天地」はこのような言葉に置きかえできます。

・桃源郷
・仙境
・神秘的な地
・ユートピア
桃源郷(とうげんきょう)も、まるで天国のような優雅な空間をあらわします。

時が止まったような別世界をあらわす言葉です。

仙境(せんきょう)は、まるで神様の住まいのような静かな空間のこと。

都会とは正反対の、清らかな環境をあらわします。

このほか想像の国をあらわす「ユートピア」「別天地」の置きかえ言葉として利用できます。

ユートピアとは憧れの地をあらわす、理想の国のことです。

まとめ

「別天地」の意味と使い方を改めて、学びました。

別天地とは「天地とは別の世界」のこと。

仙人が住むような美しいロケーションをあらわします。

もともとは李白の詩に登場した用語で「癒しの空間」という意味があります。

現在では、都会の喧騒から離れた、静かで落ちついた観光施設やリゾートホテルを例えることが多いです。

ゆたかな言葉を知って、知識を広げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典