「利子」と「利回り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「利子」と「利回り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「利子」「利回り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「利子」とは?

「利子(りし)」とは、「借りたお金に対して一定の率(割合)でかかってくる費用・金額」のことを意味している経済用語です。

「利子」という経済用語は「お金を借りた側が一定の比率で支払わなければならない金額」を意味していて、「お金を貸した側が一定の比率で受け取ることのできる金額」のことは「利息(りそく)」といいます。

ただし「利子」「利息」は話をする側の視点によって変わるので、実質的に「貸借した金銭に対して一定の比率で支払われる金額」という同じ意味で使われることも多くなっています。

「利子」は、英語で“interest”と表記します。

「利回り」とは?

「利回り(りまわり)」とは、「一定期間に得た利息・収益(一年間の平均値)の元本に対する割合・比率」を意味している経済用語です。

「利回り」という経済用語は、「投資金額の元本(あるいは貸したお金の元本)に対する一年間の平均収益(一年間の平均の利息)の割合・比率」を意味していることになります。

株式・債券・投資信託などの市場価格が変化する有価証券に投資する際には、この「利回り」が高いか低いかが、投資判断の指標の一つになります。

「利回り」は、英語で“yield”と表記します。

「利子」と「利回り」の違い!

「利子」「利回り」の違いを、分かりやすく解説します。

「利子」「利回り」「元本に対して追加で支払われるお金と関連する経済用語」になっていますが、「利子」「貸借したお金に対して一定比率で支払われる(支払う)金額」のことを意味しています。

「利子」に対して「利回り」というのは、「投資金額(貸したお金)の元本に対する、一年間の平均の収益(利息)の比率」のことを意味している明確な違いがあります。

「利子」「お金の貸借・銀行預金・融資(借金)などに関連する一定利率の金額」を意味していて、「利回り」「お金の貸借ではない、投資金額の元本に対する収益の比率」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「利子」「利回り」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「利子」とは「借りたお金に対して一定の比率でかかってくる支払わなければならない金額」「貸借したお金に支払われる一定利率の金額」を意味していて、「利回り」「投資金額の元本に対する収益(一年間の平均値)の比率」を意味している違いがあります。

「利子」「利回り」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典