スポンサーリンク

「利率」と「利息」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「利率」と「利息」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金を増やそうと思ったとき、知っておきたいのが金融用語です。

この記事では、「利率」「利息」の違いを分かりやすく説明していきます。

マネーの知識を養っていきましょう。

スポンサーリンク

「利率」とは?

利率とは、投資における利子の割合のこと。

支払った額に対して、どのくらいの利益がつくのか簡単にあらわしたものです。

金利と同じような意味で用いられます。

たとえば額面が100万円の債権があって、その利率が6%だったとします。

利率はその額面すべてにおける利子のこと。

そのためこの場合は100万円の6%分にあたる「6万円分のお金」がもらえます。

少し複雑ですが計算式にあらわすと、利息を額面金額で割って、さらに100をかけたものが利率になります。

一般的に利率というと「1年間にいくら利子が付くのか」あらわした数字になります。

そのため利率のことを、年利という企業もいます。

よく似た言葉に「利回り」がありますが、利回りは期間を区切っていないもの。

分かりやすい単位で区切っているのが利率です。

「利息」とは?

利息とは、業者に支払う手数料のこと。

おもにカードローンなど、金融業界で使われる単語です。

元本に付け加えて、支払うお金をさします。

たとえば100万円を、銀行から借りたとします。

このときの元金は100万円。

けれども返すお金は100万円だけではありません。

お金を立て替えてくれた銀行に、手数料としていくらか上乗せする必要があります。

もし利息が10万円だったら、最終的に銀行に支払うお金は「元金の100万円に利息の10万円を加えた110万円」になります。

利息の計算方法は、キャッシングの会社によっても異なってきます。

元金だけではなく、利息はいくらになるのかということを頭に入れた上で、無理のない借り入れをおこなうことがおすすめです。

「利率」と「利息」の違い

どちらもライフプランにまつわる重要なキーワードです。

「利率」「利息」の違いを、分かりやすく解説します。

・利率はもらえるもの、利息は返すもの
「利率」「利息」はどちらも「利益」をイメージする「利」が付いているので、勘違いしやすい言葉です。

投資の世界でつかう「利率」は1年間あたりの利息のこと。

つまり投資している人に返ってくる嬉しいお金です。

それに対して利息は、カードローンなどの利用者が事業者に対して支払う「手数料」のこと。

元金に上乗せして、支払わなければいけないお金です。

キャッシング利用者としては出ていくお金になるので、あまり喜ばしくはないものになります。

どちらも双子のように似ている言葉ですが、利率はもらえるもの。

利息は返すものです。

正反対の意味になるので、覚えておくとよいでしょう。

まとめ

「利率」「利息」の違いを分かりやすくお伝えしました。

利率は投資の言葉。

1年間あたりの、利子の割合のことです。

また利息は借入の世界でつかわれる言葉。

元金にプラスして支払う「手数料」のことです。

紛らわしい用語の区別を、この機会につけておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典