「制作」と「製作」と「作成」の違いとは?

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「制作」の意味とは?

「制作」とは、芸術作品や大衆性のある作品を作ることです。

演劇や映画、ドラマ、放送番組などに対して使われる言葉で、これらを作ることが「制作」と表現されます。

「制作」の言葉の使い方

制作は、その対象が芸術性や大衆性のあるものに限られる言葉なので、「ドラマの制作現場」などという使い方から、「この映画は制作に3年も掛かったと言われている大作だ」のような形で使われます。

最後のスタッフやクレジット表示に「制作:○○」と表示される映画やドラマを見たことがある人も多いでしょう。

「製作」の意味とは?

こちらの「製作」は、物を作る時に使います。

子供の工作から、日曜大工(DIY)レベルの作業、衣服、更には大きな建造物に対しても使われる表現です。

「製作」の言葉の使い方

製作は、物理的な「物品」「物体」を作る際の表現だと考えると分かりやすいでしょう。

「この椅子は自分で製作した」「あの会社が海外でダムの製作に関わっているらしい」などと、色々な物を作ることに対して使える言葉です。

「形のあるもの」がこの言葉の対象になると覚えておきましょう。

「作成」の意味とは?

「作成」「さくせい」と読み、上に紹介してきた言葉とは前後が逆になっているので、まずはここに注意してください。

意味は、文章やイラスト、作品などを作ることです。

「作成」の言葉の使い方

作成が使われる対象は、主に文章やイラストなどです。

グラフや表、あるいはそれに類似したものもそれに含まれると考えてください。

例えば、「プレゼン用の資料を作成する」と使うことができ、「そこに後から作成したグラフが入る予定だ」などという形でも使われます。

ちょっとした作品にまで使える表現なので、「制作」と似たところがありますが、「そこまで大掛かりではない」ものに対して使うと考えておくと、うまく使い分けができるでしょう。

「制作」と「製作」の違い

先に説明したように、「制作」は映像や作品類に対して使う言葉です。

「製作」の方は、形があるものに使われる言葉なので、それがこの2つの言葉の違いです。

「制作」と「作成」の違い

既に似たところがあると書いていますが、例として、映画は「制作」するものですが、その脚本は「作成」すると表現します。

映画の規模までいかないちょっとした映像程度であれば、「作成」の方で表現した方が適していることも多いです。

これも前に挙げていますが、大きな対象には「制作」で、個人レベルであれば「作成」でいいでしょう。

この2つは、言葉として厳密な使い分けというものはありませんが、一般的にはそのような使われ方となっています。

「制作」の英語

制作は英語では、“produce”と使うことが多いです。

対象が比較的大掛かりなものになる為、この表現が一番適しています。

“produce the movie film”で、「映画の制作」と表現できます。

「製作」の英語

こちらの製作は、“make”で構いません。

“make the doghouse”とすると、「犬小屋の製作」になります。

大量生産の場合には、“manufacturer”が向いています。

特に機械を使った製造ラインなどでの「製作」の場合には、まずこちらが使われます。

「作成」の英語

作成は、“create”と使ってください。

“create a screenplay”と使うと、「脚本の作成」となり、“create a presentation material”とすれば、「プレゼン用の資料の作成」です。

また、この“create”には「創造」(そうぞう)という大きな意味もあり、「神が天と大地を創造した」という表現を英語にすると、“God created Heaven and Earth”となります。

よって、「制作」で表せる幅を超えた、更に大きな対象にも使えると覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典