「刷り込む」と「擦り込む」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「刷り込む」と「擦り込む」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「刷り込む」「擦り込む」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「刷り込む」とは?

「刷り込む(すりこむ)」とは、「同じ紙面(印刷面)に、文字・絵図・イラストなどを印刷して入れ込むこと」を意味している言葉です。

例えば、「雑誌の小さなスペースに、次の企画の予告文章を刷り込みました」などの例文で使用できます。

また「刷り込む」の表現には、「誕生後間もない時期に、特定の行動パターンを本能的に覚えこませること」という意味合いもあります。

「擦り込む」とは?

「擦り込む(すりこむ)」とは、「物理的にこすりつけて染み込ませること」を意味している表現です。

「擦り込む」という言葉には、「物理的な摩擦を伴いながら染み込ませる」「皮膚科の医薬品である軟膏・クリームなどをこすりつけながら皮膚に染み込ませる」といった意味のニュアンスがあります。

例えば、「皮膚に湿疹ができたので、クリームを擦り込みました」といった文章で使われます。

「刷り込む」と「擦り込む」の違い!

「刷り込む」「擦り込む」の違いを、分かりやすく解説します。

「刷り込む」「擦り込む」もどちらも「すりこむ」と読む同音異義語ですが、「刷り込む」という表現は「印刷」と関係しているのに対して、「刷り込む」のほうは「摩擦」と関係している言葉であるという違いがあります。

「刷り込む」は、「同じ紙面・印刷面に印刷して文字・イラストなどを入れ込むこと」「誕生後すぐに本能的にある行動を覚えこませること」を意味している言葉です。

それに対して、「擦り込む」のほうは「物理的にこすりつけて何かを染み込ませること(主に皮膚科の医薬品である軟膏・クリームなどをこすりながら染み込ませること)」を意味しているという違いを指摘することができます。

まとめ

「刷り込む」「擦り込む」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「刷り込む」とは「同じ印刷面に文字・絵柄などを印刷して入れ込むこと」「発生初期(低年齢)の段階で、ある行動を本能的に覚えこませること」を意味していて、「擦り込む」「こすりつけて染み込ませること」を意味している違いがあります。

「刷り込む」「擦り込む」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典