スポンサーリンク

「前者」と「後者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「前者」と「後者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「前者」「後者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「前者」とは?

「前者」は、2つのケースのお話が存在する場合、前に語られたものを「前者」と呼び後ろに語られたものを「後者」と呼び、お話は2つに分岐していてそれぞれ別々の対応を取っているなどを説明する場合に用いる言葉です。

物語の中に、2つのケースが存在する場合、2つを分けて考えてもらう場合、日本では、「前者」「後者」という呼び方で物語の中にある2つの分岐はそれぞれ別であると考えてもらうために両社は存在します。

「前者」の使い方

「前者」という言葉は、物語に2つのケースが存在した場合、後からお話に「前者」とすることで前と後ろが物語に存在していると理解してもらうために使用します。

その為、物語に2つのケースがある場合、前から説明するのが当たり前で、わざわざ「後者」と言い物語の2つの分岐の後ろ側を先に説明することはかなり回りくどい言い回しになるため、通常では行いません。

「後者」とは?

「後者」は、物語やお話において「前者」の後に語られる物語やお話です。

2つのケースがある物語やお話の分岐点の2つ目で、かつ前に語られた物語の後の分岐点のお話を「後者」と呼びます。

「後者」の使い方

「後者」という言葉は、「前者」があって成立し、2つのケースがある場合、用いられ2つ目のケースのお話であると確認するために用いるのです。

「前者」と「後者」の違い

「前者」「後者」の違いは、物語が2つに分岐している場合、前の方に語られたお話であるか後ろの方に語られたお話であるかという違いです。

両者は、お話が2つに分岐し、前のお話と後から語られたお話の2つに分かれていることを説明するために使用します。

「前者」の例文

・『もてる男は、辛いという言葉に対して、2つの考えを述べたものがいるが、前者は愚か者で、後者は賢きものである』

この例は、モテる男は辛いという言葉に対し、2つの分岐した考えを述べたものがいて前者は愚かな考えでもう一人は利己的に物事をとらえ、何故もてる男は辛いのかということを明確に述べていて納得させられたという例です。

「前者」「後者」とセットで考えこのケースの場合、2つの考えを持つものがいて後から考えを述べたものが最も賢い回答だったという例です。

「後者」の例文

・『2人の教え子の卒業論文だが、○○という前者が書き上げた論文は平凡で、○○という後者が書き上げたものは論文として成立していない』

この例は、2里の教え子の卒業論文を見た教授が前者と後者に分けて論文を見たところ、前の方に論文を見た人物は平凡であるが、後から見たもう一人は論文として成立しておらず不合格であるとしている例です。

この例も、前者と後者があって成立しますが、この例の場合、後のものが優れている場合、先に後者の名前を出すことで回りくどく最初に論文を見た生徒よりも後から見たものの方が優れているということもできます。

まとめ

「前者」「後者」の違いは、2つのケースが存在するお話において、前に語られるべく話であるか後ろであるかという違いです。

通常は、前者から後者へと、お話が移行するのが正しいのですが、あえて「後者」側から先に結論を述べることも実は可能で、この場合、後者の方が優れているとした場合、かなり回りくどく先に結論を述べた「前者」を否定することになりますのでやり方としてはかなり失礼となります。

何故なら、先に前者を否定してから後者を褒める方が失礼に当たらず、先に後者を褒めてから前者をけなす場合、前者は後者に劣ると感じたうえで何故前者から後者というお話のセオリーを無視するのかと疑問を持つためです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典