「力不足」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「力不足」とは?

「今回は、私の力不足です」などというフレーズを聞いた事があるかもしれません。

ビジネスシーンで、あるいはスポーツのシーンなどで頻繁に登場する言葉です。

「力不足」「ちからぶそく」と読み、やや暗いトーンで語られる事が多い言葉です。

最近誰かの口から「力不足」という言葉を聞いた人がいるかもしれません。

また、もしかしたら、現在自分の事を「力不足」だと感じている人もいるかもしれません。

一方で、「力不足」の意味を知らず、「力不足」という言葉がイメージする雰囲気すら分からない人もいるでしょう。

そこで「力不足」の意味や使い方を紹介します。

「力不足」の意味

「力不足」という言葉には、「実力不足」という意味や「与えられた役目を果たす力が無い事」という意味があります。

例えばビジネスシーンでAという任務を任されたものの、Aを成功させるほどの実力がないと感じたら、「力不足」という言葉を使う事になります。

また、Aという仕事を達成できない時に、その理由を自分の実力に求めた時に「力不足」という言葉を使います。

この時の「力」には、管理力、リーダーシップの能力、コミュニケーション能力、腕力、スキル、忍耐力など、様々な要素が当てはまります。

このように「力不足」には、役割をこなせるほどの力がないという意味があります。

「力不足」の言葉の使い方

「力不足」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「力不足」は、仕事でミスをした時の言い訳として使う事が多いでしょう。

「今回のミスは私の『力不足』によるものです」というフレーズで、「力不足」という言葉を使って謝罪します。

この言い訳には、先ほど述べた管理力やコミュニケーション能力、技術力などの全ての要素が入っていると同時に、誰かの責任にしていない潔さがあります。

そのため言い訳ではありますが、言い逃れを目的にした言葉ではありません。

チームのリーダーなどは、「私の力不足」の一言で、チームメートをかばう事もできます。

「力不足」を使った例文

「力不足」という言葉を使った例文を紹介します。 「力不足」

の具体的な使い方を知りたい人は、様々な場面における「力不足」を使った文章を見て、この言葉の使い方を覚えましょう。

「力不足」の例文1

「今回のミスは、すべて私の『力不足』によるもので、部下には責任がありません」

この例文は、潔い謝罪として模範的な文章です。

この例文に登場する人は、部署の管理職の人か、プロジェクトのリーダーかもしれません。

部下に責任を押し付けずに、チームのミスはすべてリーダー「力不足」によるものという、潔さがあります。

そもそもミスを起こさない事が何より大切ですが、このような潔さがある人には、何度かチャンスが与えられるかもしれません。

また、ミスをした時にどのような言い訳をしても見苦しいだけだと割り切り、それなら「力不足」と言おうと、割り切ってしまう方法もあります。

「力不足」の例文2

「お引き受けしたい仕事ですが、『力不足』によりお受けできません」

難しい仕事を与えられた時に、受けるかどうか迷うのではないでしょうか。

引き受ける時はまだしも、断りを入れる時は、返事の仕方が難しいと思います。

特にスケジュール的に受けるのが難しい場合、またはギャランティ的に受けるのが難しい場合、どのような断り方をするのか迷うはずです。

そこでこの例文のように、「力不足」を理由にして、受けたくない仕事を断る方法があります。

この断り方なら、断る理由は依頼された側にあり、依頼した側には落ち度がない事になります。

相手は傷ついたり怒ったりする事もないため、比較的スマートに、依頼を断る事ができるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典