「加工者」と「製造者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「加工者」と「製造者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「加工者」「製造者」の違いを分かりやすく説明していきます。

「加工者」とは?

「加工者(かこうしゃ)」とは、「ある食品に対して本質的に変更のない範囲で、新しい属性(特徴)を付加する者・事業者」のことを意味している言葉です。

「加工者」というのは例えば、「ハムをカットする者(事業者)・野菜を混ぜてサラダを作る者・冷凍した魚を解凍する者・肉を整形する者・ナッツ類を粉砕する者・食材の大きさ(サイズ)を選別する者」などを意味しているのです。

「製造者」とは?

「製造者(せいぞうしゃ)」とは、「ある食品(食材)に対して本質的・根本的な変更を加えて、新たな食品を製造する者・事業者」のことを意味している言葉です。

「製造者」というのは例えば、「牛肉を焼いて焼肉をつくる者(事業者)・魚の干物をつくる者・八宝菜や酢豚のような料理をつくる者・豚肉からハムや燻製をつくる者」などを意味しているのです。

「加工者」と「製造者」の違い!

「加工者」「製造者」の違いを、分かりやすく解説します。

「加工者」「製造者」「食品に対して何らかの変更を加えた者(企業・事業者)」を意味している部分では共通点がありますが、「ある食品に対して本質的・根本的な変更を加えるのか否か」という違いがあります。

「加工者」というのは「アーモンドを粉砕する・冷凍した肉や魚を解凍する」など、「ある食品に対して本質的な変化がない範囲で、新たな特徴を追加する者」のことを意味しています。

加工者に対して「製造者」というのは「豚肉を燻製にする・牛肉を焼いて焼肉にする」など、「ある食品に対して本質的な変更を付加して、新たな食品をつくる者」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「加工者」「製造者」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「加工者」とは「ある食品に対して本質的に変更のない内容で新しい属性を付加する者・例えばハムをカットするなど」を意味していて、「製造者」「ある食品に対して本質的な変更を加えて食品を製造したもの・例えばウナギを蒲焼きにするなど」を意味している違いがあります。

「加工者」「製造者」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典