スポンサーリンク

「加重平均」と「単純平均」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「加重平均」と「単純平均」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「加重平均」「単純平均」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「加重平均」とは?

加重平均とは、かじゅうへいきんという読み方をする言葉です。

文字で書かれたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事ですが、重さや負担をくわえる事といった意味を持つ加重の文字に、差が少なく揃っている事や数等の中間的な値を意味する平均の文字を付け足す事で成立している言葉となっています。

そのため加重平均は、平均値の算出方法の1種で、各項目の条件の違いを考慮して対応する重みを付けた上で平均する事を意味するのです。

「加重平均」の使い方

加重平均は、平均値を求める方法の1つで各項の違いを考慮に入れて重みを加える事で平均するという意味合いの言葉となっています。

株価の平均値や組合が賃上げ要求をする時等に、この加重平均という言葉が登場する事が多いです。

逆に言えば、一般的な日常会話の中ではこの加重平均という言葉が登場する事はほとんどありません。

なので使い所が、それ程多くはない言葉と言えるのです。

「単純平均」とは?

単純平均とは、たんじゅんへいきんという読み方をすべき言葉となっています。

漢字で表記されたこの言葉を見れば明らかな事ですが、そのものだけで混じり気がないとか機能や構造がややこしくないといった意味がある単純に、差が生じない様に揃える事とか数や量の中間となる数値を求めるといった意味を有する平均を組み合わせる事で誕生した言葉です。

だからこそ単純平均は、幾つかの数をそのまま足して、その個数で割る事により得られる数を意味しています。

「単純平均」の使い方

単純平均は、文字通り幾つかの数値を足して行き、その個数で割る事で得られるシンプルな平均の数を示す言葉です。

一般的に平均の数字を求める際には、この単純平均を用いる事が多いため、平均値を求める方法としては馴染みのあるやり方と言えます。

更に余計な手を加えない分、基本的にこの単純平均は誰が行っても同じ数字が出る事になるのです。

「加重平均」と「単純平均」の違い

加重平均と単純平均の漢字表記を見比べれば、最初に加重と付くか単純と付くかという明確な違いを見出す事が出来ます。

ただしその後に続くのが同じ平均の漢字であり、どちらも平均値に関連して使用される言葉なので、ややこしい部分はあるのです。

ただし加重平均は、各項目の条件の違いを考慮しそれぞれの重さを加えた上で、平均値を求める事を表す言葉となっています。

一方の単純平均は、幾つかの数を足した上で、その個数でシンプルに割る事により得られる平均値を表す言葉です。

「加重平均」の例文

・『単純平均利回り方式に上場株式数による重しを加えたものを、加重平均利回りと呼びます』

「単純平均」の例文

・『全てを足した総数を、足した個数で割る事により単純平均の値を出す事が可能です』

まとめ

2つの言葉は、最初に付く文字が加重と単純という違いがあるものの、次に付くのがどちらも平均という文字であり、共に平均値に関して使用される言葉であるためややこしいです。

もっとも加重平均は、各項の条件の違いを重しという形で加えた上で、平均値を求める方法を表します。

対する単純平均は、単純に数値を足して行きその総数を、足して行った個数で割る事で算出される平均値の事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典