スポンサーリンク

「勘違いも甚だしい」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勘違いも甚だしい」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勘違いも甚だしい」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「勘違いも甚だしい」とは?意味

「勘違いも甚だしい」とは、「ある事象・物事(人物)に対して、間違った理解をしている程度がひどいこと」を意味している言葉です。

「勘違いも甚だしい」の表現には、「そんなあからさまな思い違いをするなんて非常識でとんでもないことである」といった批判・否定・警告のネガティブなニュアンスが込められています。

「勘違いも甚だしい」という言葉は、「相手側が何らかの認識・理解・意見を表面した時」に、「あなたの持っている認識や理解は完全に間違っています」という否定を伝えるための意味合いを持っているのです。

例えば、お店の店員・警備員から実際は万引きなどしていないのに万引き犯だと決めつけられたような場合に、「勘違いも甚だしい」と怒って否定の意味を伝えるケースなどを想定することができます。

「勘違いも甚だしい」の概要

「勘違いも甚だしい」の表現は、「勘違いの名詞」「甚だしいの形容詞」によって成り立っています。

「勘違い」という言葉は、「ある物事や現象について思い違いをしていること」を意味しています。

「甚だしい」というのは、「普通の程度を大きく超えているさま・物事の程度が普通ではなくて激しいこと(ひどいこと)」を示唆している形容詞です。

「勘違い+甚だしい」「勘違いも甚だしい」の文章は、「ある物事について間違って思い込んでいる程度が非常にひどいこと」を意味していることになります。

「勘違いも甚だしい」の使い方や使われ方

「勘違いも甚だしい」の表現は、「ある人の認識や理解が間違っている程度が非常に大きい時」に使う使い方になります。

「勘違いも甚だしい」というのは、「ある問題・状況に対する思い違いや間違った認識の程度が大きいこと」を指して使われている言葉になります。

例えば、「私と彼が恋人だなんて勘違いも甚だしいので、すぐにその認識を改めてください」といった文章で使うことができます。

「勘違いも甚だしい」というのは、どちらかというと「ポジティブな感情・印象」ではなくて、「ネガティブな感情・印象(そんな思い違いをするなんてとんでもないといった感情)」を込めて使われる表現になっています。

「勘違いも甚だしい」を使った例文(使用例)

・『義理の妹の実家(両親)の問題に対する勘違いも甚だしいので、さすがに我慢することができずに強く反論しました。』

・『地球温暖化の深刻な問題について、勘違いも甚だしいという批判が国際会議で飛び交いました。』

・『勘違いも甚だしいと思われているかもしれませんが、私は確信犯のつもりでフェミニストの立場から女性の権利を主張しているだけです。』

まとめ

「勘違いも甚だしい」の意味・概要・使い方について説明しましたが、いかがでしたか。

「勘違いも甚だしい」とは、「思い違いをしている程度が激しいこと」を意味している言葉です。

「勘違いも甚だしい」の意味や使い方について調べたい時は、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典