スポンサーリンク

「区域」と「地域」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「区域」と「地域」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「区域」「地域」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「区域」とは?

「区域」は対象エリアを絞り、一つのことのみに着手したエリアのことを指します。

例えば、「災害防止指定区域」などそのエリアのみを対象に特別な扱いをする場合、「区域」とすることでそのエリアは絞り込まれたうえで特別であるとするのです。

「区域」の使い方

特別な場所に指定したり、そのエリアのみ他と異なるエリアであるとする場合、「区域」という言葉を用いて他と異なるエリアであるとします。

代表的なものは、「○○指定区域」と定めることでそのエリアは○○を特別に許可するという意味になるのです。

「地域」とは?

「地域」長期に渡りそのエリアがどのようなエリアであるかを定める言葉です。

例えば「商業特化地域」であれば地域指定を受けてから今日に至るまで商業に特化することを許されており、商業に特化したエリアであると定めているのです。

ただし、特別扱いをしているわけではありませんので、別に商業特化地域だからと言って住宅を建ててはいけないという制限はありません。

「地域」の使い方

「地域」は人が住んでいるエリア周辺がどうであるかを示すために用いる言葉です。

「商業特化地域」とすることで、商業を中心に活動をすることができるエリアであるとしますが、特別に許可をするという意味ではなく、別に他のことを目的としてそのエリアを回収することは許されます。

「区域」と「地域」の違い

「区域」はそのエリアが特別に一つのことに対して特化をすることを許可するというエリアです。

その為、許可を得た場合、その許可を得た内容に制限を受けたうえで済むことを許されます。

例えば、「防災区域」である場合、防災規約に基づく建物しか作ることができず、敷地内にある建物すべては防災上安全な建物しか建てることを許さないです。

反対に、「地域」は許可ではなく、どの様なことをそのエリアが望んでいるかというだけであるため別にそのエリアでは、商業に特化しているエリアであったとしても商業に特化した建物しか建てられないというきまりはないです。

まとめ

「区域」はそのエリアに対して特別に許可を与えるという物ですが、それと同時に許可を得たのであるからきまりを守らなくてはいけないというエリアです。

例えば、「防災指定区域」である場合、そのエリアは防災上必要な設備をいくつか所持してなければ指定区域とならず、それら施設がない場合、建物を建てる許可が下りないという問題があります。

一方で「地域」はあくまでどういったことを推奨しているエリアであるかという枠組みであるため、建物を建てる際許可を必要としないです。

その為、違いについては、都道府県知事が建物を建てる際、必要な設備があるかどうかを判断するエリアが区域で、それに該当せずそのエリア周辺のことを指す場合、「地域」となるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典