スポンサーリンク

「卑小な人間」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「卑小な人間」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「卑小な人間」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「卑小な人間」とは?意味

「卑小な人間」とは、「存在や器量が小さくて取るに足りない存在である人+無限や全能に対して卑しくて小さな価値の低い人間」を意味しています。

「卑小な人間」という言い回しは、「その存在価値がちっぽけに感じられる特定の個人」だけではなく「存在価値が低くて取り上げるまでもない人間全体・人間一般」を指して使われることもあります。

「卑小な人間」の言い方は基本的に、「人間の存在価値・存在する意味をへりくだって表現している言葉」なのです。

「卑小な人間」の表現を「人間全体・人間一般」に対して使う場合には、「広大無限な宇宙や全知全能の神様などと比較して、人間という有限の存在は極めて小さくて無力・無価値である」といった意味のニュアンスが含まれています。

「卑小な人間」の概要

「卑小な人間」という表現は、「卑小」「人間」を組み合わせてつくられている表現です。

「卑小」という名詞は、「道徳的・存在的に卑しくて小さなさま」「ちっぽけで価値が低いために取るに足りないこと」を意味しています。

「人間」という名詞は、「生物学的にヒト亜属のホモ・サピエンス・サピエンス(知恵あるヒト)に分類される霊長類の現生人類」を示唆しています。

この二つの言葉の意味合いから、「卑小+人間=卑小な人間」「取るに足りない存在価値の低い人および人間一般・ちっぽけで器量の小さな価値の低い人」を意味していることになります。

「卑小な人間」の言葉の使い方や使われ方

「卑小な人間」の言葉の使い方は、「人間としての器量・存在感がちっぽけで取るに足らないと評価される人間」を意味して使う使い方になります。

「卑小な人間」という表現は、「無限に近い宇宙・神様などと比較した場合に、存在感・存在意義が小さくて価値が低いとみなされる人間一般」を示唆して使われることも多くなります。

例えば、「卑小な人間であるからといって悲観的に絶望する必要はなく、今の場所で自分にできることを必死に頑張れば良いのです」などの例文において使用することができます。

「卑小な人間」の類語・言い換え

・『矮小な人間(わいしょうなにんげん)』……物理的あるいは存在的に小さくてその価値が低い人間。ちっぽけで特段の価値を認めることができない人。

・『愚劣な人間(ぐれつなにんげん)』……愚かで劣っている人間。人間として間違った行いをしているために、人間性や道徳基準の面において劣っている人。

・『無価値な人間(むかちなにんげん)』……価値のない人間。道徳性・有能性・対人魅力・社会貢献などのさまざまな側面で評価された場合に、価値がないと見なされてしまう人。

まとめ

「卑小な人間」という言い回しの意味・使い方などについて説明してきましたが、いかがでしたか? 「卑小な人間」とは、「人間性が卑しかったり器量の小さな行動をしたりして、道徳的な価値が低い人間」「宇宙・神などのスケールに比して、存在意義が小さくて取りあげる価値もない人間」を意味しています。

「卑小な人間」という表現の意味・概要について詳細を調べたい時は、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典