スポンサーリンク

「卒サラ」と「脱サラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「卒サラ」と「脱サラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「卒サラ」「脱サラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「卒サラ」とは?

「卒サラ」は、サラリーマンを卒業することを意味します。

もともとは定年退職を迎えてサラリーマンを卒業することを意味していましたが、その後に定年退職前にサラリーマンを辞めて企業することも意味するようになりました。

定年退職を迎えるというと、仕事がなくなりやることがないというネガティブなイメージを抱かれることがありました。

ネガティブなイメージを払拭するために「卒業」という言葉を使って作られたものが「卒サラ」です。

「脱サラ」とは?

「脱サラ」とは、定年退職前にサラリーマンを辞めて、企業をしたり、地方に引越しをして農業を始めたりなど、自立した生活を送ることです。

サラリーマンを脱するという意味があります。

「卒サラ」と「脱サラ」の違い

「卒サラ」は、定年退職をしてサラリーマンから卒業することです。

「脱出」という言葉には「逃げる」というイメージがあり、ネガティブに取られてしまうことがあるので、「卒業」という言葉を使用しています。

また、「卒サラ」はサラリーマンを辞めて企業することも意味し、「脱サラ」と同じ意味で使用されることもあります。

「脱サラ」は、定年退職前にサラリーマンを辞めて企業をすることです。

まとめ

「卒サラ」には、もともと退職してサラリーマンを卒業するという意味があったのですが、「脱サラ」と同じ意味で使用されることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典