「博士」と「修士」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「博士」と「修士」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「博士」「修士」の違いを分かりやすく説明していきます。

「博士」とは?

「博士」の意味と概要について紹介します。

「博士」の意味

「博士」「はくし」と読みます。

意味は「大学院で、後期博士課程を修了した者に与えられる学位、最短3年で取得できる」になります。

「博士」の概要

「博士」は、大学を卒業して大学院に進み、「修士」を取得してからより研究を深めて取得する学位のことを言います。

「博士」には、博士課程の単位を修了して取得した「課程博士」と、論文を書いて取得した「論文博士」の2つjがあります。

「博士」を取得すると、卒業後に民間企業に勤める人は少なく、ほとんどが大学に残って研究を続け、教授を目指します。

「博士」を取得するまでには「修士」も併せて5年かかるので、27歳以上の年齢となり、企業に新卒で入るには難しくなるからです。

まずは助手・助教授となり、そこから更に数年かけて教授職になっていくのです。

「修士」とは?

「修士」の意味と概要について紹介します。

「修士」の意味

「修士」「しゅうし」と読みます。

意味は「大学院で、前期博士課程を修了した者に与えられる学位、最短2年で取得できる」になります。

「修士」の概要

「修士」は、大学を卒業した後に大学院に進学して、博士前期課程や修士課程を修めた学生に与えられる学位です。

「修士」は専門的な研究が必要で、ゼミの教授の推薦を貰って進学することが多くなります。

多くの人は、大学に受験する前から自分の研究したい分野を決めて、専門の教授のいる大学を目指すのです。

「修士」を取得すると、民間企業に就職する人も多く、コンサルや商品開発など、専門分野を生かして就職しています。

「博士」と「修士」の違い!

「博士」「大学院で、後期博士課程を修了した者に与えられる学位」です。

「修士」「大学院で、前期博士課程を修了した者に与えられる学位」です。

まとめ

今回は「博士」「修士」の違いをお伝えしました。

「博士は修士の後に取る」「修士は大学院に入った後に取る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典