スポンサーリンク

「即時」と「即日」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「即時」と「即日」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「即時」「即日」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「即時」とは?

「そくじ」と読み、すぐそのとき、即刻、または短時間のことをいいます。

「即」という字は、すぐに、ただちにという意味や、位置につくという意味があります。

そして、「時」とは、時間や、そのころという意味があります。

「即時」は、すぐに、間を置かずという意味になります。

「即時」を使うと、早く結果などが出るという印象になるので、「即時、対応できます」のように、つい使いたくなりますが、すぐに対応できなかった場合には、信頼を損なってしまいます。

使用するときには、注意が必要な言葉だといえます。

類語は、あることに応じてすぐという意味の「早速」【さっそく】や、「時を移さず」【ときをうつさず】、たちまち著しい変化が起こるさまや、すぐその場でという意味の「立ち所に」【たちどころに】などがあります。

対義語は、次第に、だんだんという意味の「漸次」【ぜんじ】などがあります。

「即日」とは?

ことのあったその日、当日、その日のうちにという意味があります。

読み方は「そくじつ」です。

一般的には24時間以内のことではなく、その日の夜までを指します。

「即日」といっても、厳密にはその日で終わらないこともあり、「その日からでも」というニュアンスで使われていることがよくあります。

例えば、賃貸住宅の入居者募集などで、「即日入居可」と書かれていることがありますが、こちらは今日からそこで寝泊まりすることが可能というよりは、誰も住んでいないので、大家としては、今日からでも大丈夫ですという意味になります。

実際には、手続きや、引っ越し作業などで、入居できないこともありえます。

また、アルバイトの求人などで、「即日勤務が可能です」と書かれている場合も同様です。

対義語は、ある出来事よりも後の日という意味の「後日」【ごじつ】になります。

「即時」と「即日」の違い

「即時」は、すぐその時という意味で、「即日」はその日のうちにという意味です。

「即日」の方が、猶予があります。

「即時振込に対応」といった場合には、一時間以内という意味ではなく、そのときという意味なので、厳密にいうと、待ち時間はありません。

それに対し、「即日振込に対応」とあった場合には、待ち時間は当日中ということになります。

「即時」の例文

・『人質を、無条件で即時解放しなさい』
・『即時に判断して、適切な作業を始めます』

「即日」の例文

・『人気の商品なので、今回も即日完売しました』
・『即日配送サービスを利用したので、次の日には届きました』

まとめ

「即時」「即日」は、どちらの言葉も時間がかからないことを表すときに使われることの多い言葉です。

「即時」は、すぐにという意味で、「即日」はその日のうちにという意味なので、「即日」の方が、猶予があります。

違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典