スポンサーリンク

「厄除け」と「開運」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「厄除け」と「開運」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「厄除け」「開運」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「厄除け」とは?

「厄除け」の意味と使い方について紹介します。

「厄除け」の意味

「厄除け」「やくよけ」と言います。

意味は「厄年による災難から身を守ること」です。

「厄除け」の使い方

「厄除け」「厄」から身を守る為に、お寺や神社で祈祷してもらうことを言います。

一般的に、「厄除け」はお寺で行うもので、「厄除け大師」というお寺もあり、「厄払い」は神社で行うものとされています。

「厄年」とは、男性は数えで「25歳と42歳」、女性は数えで「19歳と33歳」に当たります。

昔は「厄年」「役年」と言われ、各地域での大役を果たす年齢であることから、行動を慎み、「厄除け」「厄払い」により、身を清める習慣がありました。

「役を果たすための様々な困難」という意味の「厄」が現在まで残り、使われる様になったと言われています。

本来「厄除け」は、祈祷による儀式を行うことですが、最近では「お守り」に対して使われることもあります。

「開運」とは?

「開運」の意味と使い方について紹介します。

「開運」の意味

「開運」「かいうん」と読みます。

意味は「運が開けて幸運に向かうこと」です。

「開運」の使い方

「開運」は、運が開ける、つまり幸運に向かうことを言います。

単に自分の運気が上昇すること表す言葉で、何か行動した結果であったり、その為に何か行動する時に、その内容と一緒に使われる言葉です。

例えば、「開運の為に印鑑を買い替えた」「開運のお守りを購入した」などと言います。

「開運」は、これから良いことが起きる状態であり、自分の希望や願いを表す言葉です。

「厄除け」と「開運」の違い!

「厄除け」「厄年による災難から身を守ること」です。

「開運」「運が開けて幸運に向かうこと」です。

まとめ

今回は「厄除け」「開運」の違いをお伝えしました。

「厄除けは災難から身を守る」「開運は幸運に向かう」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典