スポンサーリンク

「厳格な父」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「厳格な父」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「厳格な父」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「厳格な父」とは?意味

「厳格な父」の言葉にある「厳格」の意味は、「物事に対して、非常に厳しくシビアなこと」です。

従って、「厳格な父」の文字通りの意味としては「物事に対して、非常に厳しくシビアな父親」と言う事になります。

しかし「厳格な父」と言う場合には、何に対して厳格なのかと言えば、「家庭で決めたルール」に厳格である事を一般的には指します。

門限であったり、朝食は家族みんなで食べるとか、勉学に厳しかったり、さらに社会的なルールに従う事を厳しく律したりと、そのポイントは様々と言えます。

「厳格な父」の概要

「厳格な父」は、前項で記載した様に「家庭で決めたルールに厳しい父親」を意味しますが、こうした父親に対する評価はまちまちです。

厳しすぎれば、子供が委縮してしまう事が考えられますし、また父親の言うとおりに従っておれば怒られないからと、いつしか自分で考える事を放棄し、主体性のない大人として成長する場合も考えられます。

こうした点から、「厳格な父」に否定的な意見も少なくありません。

一方で、「家庭のルール」「社会規範」に沿ったケースが多く、「厳格な父」に育てられる事で、社会に出てから有益な事が多いと、肯定的な意見もあります。

両意見を勘案すれば、「厳し過ぎる」ことは問題でしょうが、目に余る場合にはしっかりと「ルールに従わせる躾」は必要だと言えるのでしょう。

ちなみに、父親のパターンとして「頑固な父」と言うのがありますが、これと「厳格な父」とはどのように違うのでしょうか。

「頑固」とは「かたくなで、自分の態度や考えを改めようとしないこと」を意味するもので、従って「頑固な父」とは「かたくなで、自分の態度や考えを改めようとしない父」と言う事になりますが、こちらは拘りが社会の規範に従った家庭のルールだけでなく、自分の勝手な思い込み等、むしろ理不尽な内容に拘り、改めようとしてパターンを指す事が多いと言えるでしょう。

そういう意味では似ていますが、異なる態度の父親像と言えます。

「厳格な父」の言葉の使い方や使われ方

「厳格な父」は『若い頃には何かと父に反発していましたが、社会に出た今では、厳格な父に育てられて良かったと感じています』や『彼には自主性や主体性が少し欠如している気がしますが、厳格な父の言う通りにして育って来たことが影響しているのかも知れません。』のように使われます。

「厳格な父」の類語や言いかえ

「厳格な父」の類語や言い換えとしては「厳重な父」「厳正な父」「手厳しい父」などが挙げられます。

まとめ

「厳格な父」とは「家庭で決めたルールに、シビアで厳しい父親」と言う意味です。

父親のパターンとして「頑固な父」と言うのもありますが、ことらは「自分の思い込みや理不尽な事柄を押し通そうとしたり、考えを変えない父親」であり、似た点もありますが、異なる父親像だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典