「参加」と「出席」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「参加」と「出席」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「参加」「出席」の違いを分かりやすく説明していきます。

「参加」とは?

「参加」の意味と使い方について紹介します。

「参加」の意味

「参加」「さんか」と読みます。

意味は「ある目的で集りに加わり、一緒に行動すること」「法律用語で関係したり第三者が関わったりすること」です。

「参加」の使い方

「参加」は、ある目的で開かれるイベントや集会、行事などに、自分の意思で加わることを言います。

ただその場所にいるだけではなく、そのイベントの主旨に従い、行動することも含みます。

その場所にいるのは、目的を同じくした人達でありますが、顔見知りでない場合もあります。

特に出席・欠席の連絡がいらない場合には「自由参加」と言います。

「参加」は、自らの意思で加わって行動することを言い、強要されるものは「強制参加」と言います。

「出席」とは?

「出席」の意味と使い方について紹介します。

「出席」の意味

「出席」「しゅっせき」と読みます。

意味は「学校や会合など、場を設けてある場所に入り自分の位置に着くこと」です。

「出席」の使い方

「出席」は、学校や会合など、学んだり説明を受けたりする場を設けているところに入り、自分に与えられた位置に着くことを言います。

元々参加人数が決まっていたり、事前に出欠確認を取り、主催者側が人数分の資料や座席などを準備する必要がある場合に使われます。

「出席します」と主催者に連絡した場合、やむを得ない事情がある時以外は「出席」するのがマナーです。

あくまでその集りに出かけて自分の席に着くことが目的であり、一緒に行動することは含みません。

「参加」と「出席」の違い!

「参加」「行事やイベントに加わり、趣旨に沿って一緒に行動すること」です。

「出席」「学校や会合に行って自分に与えられた席に着くこと」です。

まとめ

今回は「参加」「出席」の違いをお伝えしました。

「参加は行動する」「出席は着席する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典