スポンサーリンク

「受け渡す」と「引き渡す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「受け渡す」と「引き渡す」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「受け渡す」「引き渡す」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いと使い方を把握して、是非とも日常生活がより充実したものになりますように、心から祈っております。

スポンサーリンク

「受け渡す」とは?

最初に「受け渡す」の意味についてご説明致します。

「受け渡す」の意味とは、基本的に人から物を受け取り、さらに別の人に渡すことを意味しております。

また、もうひとつの意味としては、人やものを他社に譲る事という意味でも使いますし、所有物やその所有物に生じている管理等を放棄するという意味合いもあるのです。

以上が「受け渡す」の意味となります。

是非とも把握して、参考にしてみてください。

「引き渡す」とは?

次は「引き渡す」の意味を説明していきます。

「引き渡す」の意味としては、自分の手から人やものを他の人や施設の手に移すという意味があります。

また、幕等を一ヵ所から他方へ張る時の表現としても使われますので、是非とも把握しておいてください。

これが「引き渡す」の意味となります。

参考になれば幸いです。

「受け渡す」と「引き渡す」の違い

この項目では、「受け渡す」「引き渡す」の違いについて分かりやすくご説明致します。

「受け渡す」「引き渡す」の違いについてですが、前者の場合は、人から受け取ったものを、さらに別な人に渡すという意味があります。

また所有物や管理等を放棄する際にも使われますし、単純に譲る時にも使われるのです。

後者の場合は、基本的に自分の手から人やものを他の人や施設の管轄に移す時に使います。

また、幕等を一ヵ所から他方へ張る時に表現等にも用いられます。

したがって、前者の使い方としては、「書類を彼に受け渡した~」という使い方が妥当かと思われます。

また、「車を受け渡そうと思い~」という使い方ができます。

後者の使い方としては、「彼を他の施設に引き渡してから~」という使い方があるのです。

是非ともこの違いや使い方を把握して、自分の生活に役立ててみてください。

「受け渡す」を使った例文

ここでは「受け渡す」を使った例文を書いていきます。

・『長年住んだ家を受け渡すのは辛いものがある』
・『車を友達に受け渡した』
・『彼女からファイルを受け取り、係長へ受け渡しました』
・『まだ受け渡しをしていないので、帰れません』
・『書類の受け渡しをしてから、出張に行こうと思います』
以上が「受け渡す」を使った例文となりますので、よく把握して、日々の様々なシーンで役立ててみてください。

「引き渡す」を使った例文

次は「引き渡す」を使った例文を書きます。

・『身柄を県警に引き渡したい』
・『幕をあちらへ引き渡してからライトをセットしてください』
・『絵画を本家へ引き渡した』
・『離婚は決まっているが、息子を元の旦那のところへ引き渡したくない』
・『県警が引き渡した容疑者の情報を照会して欲しいと依頼してきた』

以上が「引き渡す」を使った例文となります。

参考になれば幸いです。

「まとめ」

いかがでしたでしょうか。

以上が「受け渡す」「引き渡す」の違いや使い方でした。

「受け渡す」というのは、人から人へ渡す際や所有物の放棄等する時に使い、譲る場合にも使える言葉となります。

一方、「引き渡す」というのは、自分の手元から人やものが他の人や施設へ移る時に使います。

また、幕の張り方等にも使える言葉です。

この違いや使い方をよく覚えて、日常に積極的に取り入れてみてください。

以上が「受け渡す」「引き渡す」の違いや使い方のまとめとします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典