スポンサーリンク

「史上最強」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「史上最強」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「史上最強」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「史上最強」とは?意味

過去から現在の時点まで含めて最も強いことを指します。

未来までは言葉の範囲には入っていません。

基本的には強さに使われる言葉ではありますが、ガイドブックや参考書のタイトル、料理のキャッチコピーなどにも使われるケースがあり、ガイドブックは便利さが最強であること、参考書は出題の的中率や実用度が最強であるという触れ込みと言えます。

料理の場合はおいしいものという基本に加え、肉のランクが過去最高級などの意味合いがあります。

「史上最強」の概要

最も強いという意味合いがあるため、マンガやライトノベルなどの作品タイトルでもいくつか使われている言葉です。

史上最強メンバーと言う言葉であれば、最速を競うリレーのメンバーに対しても使えないことはなく、強さそのものを競わないものであっても史上最強という言葉は使われている例があります。

また、ランキングなどでも使いやすい言葉となっています。

史上最強に関しては塗り替えられる概念でもあり、エンジンの史上最強というものはそこから改良を加えてさらに高性能になるというケースがあるため史上最強が変化するわかりやすい例と言えます。

史上最強は過去形がありうる言葉で2005年の時点では史上最強だったという使い方があります。

未来系ではこのエンジンが完成すれば史上最強だ、試合に勝てば史上最強だ、未来の史上最強になりえるなどの使い方が可能です。

なお、「史上最強の経済学」のようなタイトルで本を出す場合、ある程度期間が経過してしまうとインパクトが薄れてしまう事も言えます。

なお、すでに現時点で最強であるため、超史上最強などという使い方はできません。

「史上最強」の言葉の使い方や使われ方

文字通りとも言える「史上最強の戦士」「人類史上最強」他メーカーのことは問わず、自社とその歴史のみを指す「メーカー史上最強のエンジン」どちらかと言うと提供する側ではなく食べた側が指す「史上最強のラーメン」などの使い方があり、キャッチコピーとしても使われるケースがあります。

食べ物に関しては強さという概念は人気や味に置き換えたものと考えられますが、史上最強というフレーズが使えるのはそれほど高級すぎず、薄味ではないものというベースがあると言えます。

「史上最強」の類語や言いかえ

今までで最強、現時点で最強、史上最高などが言い換えで使える言葉で、使い方が異なる部分はありますが究極という言葉もそう遠くない意味合いと言葉の凄みがあるため使うことが可能と言えます。

まとめ

史上最強という言葉はジャンルごとに使え、メーカーでは商品の銘柄ごとに使えるため数が意外と多い概念でもあります。

史上最強の格闘家となると空手、ボクシング、プロレス、柔道、柔術、キックボクシングなど様々な格闘技の頂点ということになるため、現実には共通認識はないと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典