スポンサーリンク

「同業他社」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「同業他社」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「同業他社」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「同業他社」とは?意味

「同業他社」は、同じ業務の別会社であるという意味です。

この言葉は、現在の自分の仕事を別の会社と比較した場合どうであるかを述べるための言葉になります。

「同業他社」とは別に「同業者」という言葉がありますが、「同業者」は、同じ職業であり同じ仕事をしている個人を意味したうえで、会社という組織は別に同じでなくともよいという観点で構成されています。

「同業者」の概要

「同業他社」は、「同業者」という言葉の延長線上にあり、同じ仕事で同じ会社で働いている者同士を比べるのではなく、同じ仕事をしているが他社で仕事をしている物とを比べるために存在します。

その為、同業は同じ職業を表しますが、他社とあるように会社は別であるのが、「同業他社」の定義になり、要は、他人の会社と自分の会社を比べる際、同じ職業で同じ仕事をしていて、他者ではどうであるかを述べるのが同業他社です。

「同業他社」の言葉の使い方や使われ方

「同業他社」は、自分が他者と同じ職業であるが、他人とは異なる会社に勤めあげている場合、他人とはどうであるかを述べるのに使用します。

もしくは会社同士を比べる際に使用し、例を挙げれば、「私の会社は、同業他社の中では給料が良い方」であれば、他事業者と比べると私の会社は給料が良いと述べており、この例であれば他人と自分はどうであるかを述べたうえで会社としてもどうであるかを述べているわけです。

「同業他社」の類語や言いかえ

「同業他社」は、自分の会社と他人の会社を比べることであると定義した場合、「競合他社」という言葉が類語および、言いかえに相当します。

「競合他社」は、自分の勤めている会社は他人の会社と比較して、競える関係にあるかどうかであるため、優劣をつけています。

つまり、優劣をつける言葉に置き換えれば、「ライバル企業」という言いかえもでき、ライバルであるが故どうであるかを述べれば、おのずと「同業他社」と同じ意味合いを持たせることができるのです。

まとめ

「同業他社」は、「同業者」という同じお仕事をしているという意味ですが、プラスする形で会社を比べるために存在する言葉です。

同業者はあくまで同じ仕事をしていることのみを追求していますので、会社のことは別に比較対象ではないです。

つまりは、「同業他社」とは、同じ職業であるが会社を比較して自分はどうであるかを述べるために使用する言葉になり、言ってしまえば、別の会社と比較することで自分はどうであるかを述べるために存在する言葉です。

例を挙げれば、「私の会社は同業他社と比較した場合、休みが取りやすい」であれば、同じ仕事をしている別の会社にいる人物よりも私の方が休みは取りやすいと述べることができます。

この言葉は、「競合他社」という言葉でも同じように言い表すことが可能で、「競合他社」の場合は、ライバル関係になれるかどうかを重要視します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典