「同業者」と「同業他社」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「同業者」と「同業他社」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「同業者」「同業他社」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「同業者」とは?

「同業者(どうぎょうしゃ)」とは、「同じ職業・仕事をしている人」を意味している言葉です。

「同業者」という表現は、「同じ業界・業種に属して仕事をしている他者(個人)」のことを意味しているのです。

例えば、「彼は同じ飲食店を経営している同業者です」「同業者の仲間に相談しました」などの例文で使えます。

「同業他社」とは?

「同業他社(どうぎょうたしゃ)」とは、「同じ業界・業種(仕事のジャンル)で事業・ビジネスを行っている他の会社(企業)」のことを意味しています。

「同業他社」という表現は、「同じ業界・業種でビジネスを展開しているライバル企業、競合関係がある他の会社」といった意味のニュアンスを持っています。

例えば、「同業他社と比べて弊社の製品は、同じ品質でも2割程度はお安くなっております」といった文章で使用することができます。

「同業者」と「同業他社」の違い!

「同業者」と「同業他社」の違いを、分かりやすく解説します。

「同業者」も「同業他社」もどちらも、「同じ職業職種・業界(仕事の分野)・業種と関係する言葉」でその意味も似ていますが、「同業者」は基本的に「同じ職業・仕事をしている個人」のことを意味しています。

「同業者」に対して「同業他社」のほうは、「同じ業界・業種でビジネスを展開している他の会社・企業」のことを意味している違いがあります。

「同業者」「同じ職業・業種で仕事をしている個人(他者)」のことであり、「同業他社」というのは「同じ業界・業種で事業をしている競合関係をイメージさせる他の会社・企業」のことであるという違いを指摘できます。

まとめ

「同業者」と「同業他社」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「同業者」とは「同じ職業(仕事)をしている人・同じ業界や業種に属している人」を意味していて、「同業他社」「同じ業界・業種で事業を行っている他の会社(企業)」を意味している違いがあります。

「同業者」と「同業他社」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典