「否定的に捉える」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「否定的に捉える」

否定的に捉えるというのは「ひていてきにとらえる」と読みます。

否定的というのは否定する内容を持つ様子を指しており、捉えるというのは解釈するという意味を持っています。

そのため、否定的に捉えるというのは否定する内容があるものだと解釈する、という意味になるのです。

「否定的に捉える」の意味

同じ言葉であったとしても、言い方や書き方によって否定的に見えてしまうことがありますよね。

例えば、最近では誰もがSNSなどを使うようになりました。

LINEでお互い連絡を取り合っているという人も多いのではないでしょうか。

そのような時、絵文字やスタンプを一切使うことなく、短い返信ばかりしていたら、「この人は自分のことが嫌いなのかもしれない」と否定的に捉えられてしまうことがあります。

「否定的に捉える」の言葉の使い方

物事をつい悪い方に考えてしまう時、それは否定的に捉えてしまっていると言えるでしょう。

例えば、本当は他意がないにもかかわらず、なんでも悪い方にばっかりとられてしまう人は否定的に捉えているということができます。

本当はそういう意味で言われているわけではないのに、勝手に思い込んでネガティブに考えすぎてしまう人は物事を否定的に捉える癖があると言えるでしょう。

「否定的に捉える」を使った例文・短文(解釈)

それならば、否定的に捉えるとはどのようなニュアンスで使われるのでしょうか。

ここでは否定的に捉えるという言葉の例文をいくつか紹介します。

「否定的に捉える」の例文1

「あの人はすぐに物事を否定的に捉えるから、気をつけたほうがいいよ」

物事を否定的に捉えてばかりいる人は少々厄介なものです。

常に考え込んでしまい、悪いほうにばかり考えてしまい、前向きに考えることができないという癖があります。

物事を否定的に捉えてばかりいる人は周りの人にも悪い影響を与える可能性があり、周りの人までも元気をなくしてしまうということがあるのです。

そのため、何でも否定的に捉えている人は周りから警戒されてしまう可能性があります。

「否定的に捉える」の例文2

「物事を否定的に捉えるのはやめなさい」

人間は生きていると様々な困難にぶち当たりますよね。

あまりにも難しい状態が続いてしまうと、二度と良い事は起こらないのではないか、辛い、などと思ってしまい、明るい未来を描くことができなくなる可能性があります。

しかし、だからといって落ち込んでいても何の意味もありません。

物事を否定的に捉えるのではなく、むしろ物事を肯定的に捉え、その時間を楽しむという意気込みも重要です。

「否定的に捉える」の例文3

「物事を否定的に捉えるのではなく、その物事には意味があるのだと捉えると気が楽になるよ」

生きていると様々な問題にぶち当たりますが、それに意味がないわけではありません。

例えばある大切なプロジェクトを抱えて努力をしているときに病気になったとしましょう。

とても会社に行けるような状態ではなく、寝たきりなければいけない、こんな暇はないのにどうしよう、プロジェクトに間に合わない、などと自己嫌悪に陥ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、そのように否定的に捉えるのではなく、例えば「今このようにして寝ていられる時間が与えられた」「今はしっかり休んで、元気になったらまた頑張ろう」と捉えることも大切です。

「否定的に捉える」の例文4

「否定的な捉え方をせず、肯定的な捉え方をしなさい」

子供を育てていたり、学校で子供たちに教育をしていたりする時、子供たちには肯定的に物事を捉えられる人間になってほしいと考えるものです。

物事を悪い方に悪い方に捉えるのではなく、何事も前向きに、ポジティブに考えられる人物になっていて欲しいですよね。

そのため、日ごろからポジティブな物の見方を子供たちに教えていく必要があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典