スポンサーリンク

「周知徹底を図る」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「周知徹底を図る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「周知徹底を図る」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「周知徹底を図る」の意味

周知徹底を図るという言葉は、ビジネスでも聞くことがありますがどのような意味なのでしょうか。

周知徹底を図るとは、近辺、周辺の人に隅々まで知らせるという意味です。

この「周知徹底を図る」という意味について詳しく説明し、その使われ方についても解説していきます。

「周知徹底を図る」の解説

周知徹底とは、広く隅々まで知らせるという意味になります。

つまり、「周知徹底を図る」というのは、広く人に知らせるようにするということになります。

周知徹底を図るの語源を見ていきましょう。

まず、分解していくと、周知の周はあまねくという意味があります。

あまねくとは、「すみずみまで届く」という意味から来ています。

このことから周知というのは、「すみずみまで知らせる」という意味になるのです。

そして徹底の鉄は、とおす、「とことん最後まで突き通す」という意味があるのです。

そこから徹底は、「底まで突き通す」という意味になります。

そして、図るは、物事の実現を企てるという意味があります。

このことから「周知徹底を図る」というのは、「すみずみまでとことん知らせるように企てる」というような意味になります。

「周知徹底を図る」の使われ方

周知徹底を図るは、ビジネスにおいてもよく使われます。

例えば会社であるルールが決められた場合に、「社内で新たに決められたルールの周知徹底が図られた」というような使い方がされます。

会社においては、一人ひとりの意識というものが大事になってきます。

一人が違った行動をするだけでも、会社全体に与える影響は大きなものになってきます。

そこで、社内全員に行きわたらせるように知らせるということで、周知徹底を図るということが言われるのです。

そのほかの使い方としては、「火災訓練の仕方について周知徹底を図ります」というようなこともあります。

やはり、参加する人全員にくまなく必要なことを伝えるという意味で使われます。

ほかには、「今後は同じミスが起きないように周知徹底を図ります」というようなことにも使います。

ネガティブな使われ方をする場合にも、くまなく伝えるという意味がしっかりと入っているのが分かります。

ほかにも新しいシステムの導入時に使い方について周知徹底を図るなどとも使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典