スポンサーリンク

「哀愁を感じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「哀愁を感じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「哀愁を感じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「哀愁を感じる」とは?意味

「哀愁を感じる」とは、「ノスタルジックな人間関係・情景などに際して、しみじみとした物悲しさを感じること」を意味しています。

「哀愁を感じる」という慣用句的な表現には、「人物・物事・景色・音楽(メロディー)などに対して、悲しみや寂しさを感じる」といった意味合いが備わっているのです。

「哀愁を感じる」というのは、「過去に関係のあった人物・物事・光景などに対して、無常観・懐かしさを伴う形でしみじみと寂寥感・ペートス(悲しみ)を感じること」を示唆している定型の表現なのです。

例えば、「過去に死別した妻を思い出させるこの映画のストーリーに哀愁を感じました」といった文章などで使われています。

「哀愁を感じる」の概要

「哀愁を感じる」という定型句的な言い回しは、「哀愁」「感じる」を組み合わせてつくられている表現です。

「哀愁」という名詞は、「しみじみとしたもの悲しい感覚・心にじわじわ染みてくる寂寥感(せきりょうかん)」を意味しています。

「感じる」という動詞は、「外にある刺激・存在に対して、視覚や聴覚、触覚など五感の感覚器官が反応すること」「何らかの存在・感情を知覚(感覚)すること」といった意味合いを持っています。

それらの意味から、「哀愁+感じる=哀愁を感じる」は、「(懐かしい事柄・無常を思わせる出来事などに際して)しみじみとした悲しみ・寂しさを感じること」を意味しているということになります。

「哀愁を感じる」の言葉の使い方や使われ方

「哀愁を感じる」の言葉は、「過去の思い出や人間関係などに関係する物事・人にふれるなどして、しみじみとした物悲しさを感じること」を意味して使う使い方になります。

「哀愁を感じる」という表現は、「ずっと嫌いなもの・人物」に対して使われることはほとんどなく、「かつて好きだった物事・人物が衰えたり失われたりすること」に対して使われるケースが多くなっています。

「哀愁を感じる」の言い回しは、「懐かしさあるいは衰微への共感感情を伴う寂しさや悲しみ」といったニュアンスを込めて使われるのです。

例えば、「子供時代によく聴いていた童謡のメロディーや歌詞に哀愁を感じます」などの例文で使用することができます。

「哀愁を感じる」を使った例文

・『若い頃には結婚や職業選択をめぐって父親と随分対立しましたが、久しぶりに会って老いた父親を見ると哀愁を感じました。』

・『10月に入るとさすがに残暑も少しずつ和らいできて、哀愁を感じるような冷たい秋風が吹き始めました。』

・『20年ぶりに生まれ故郷に帰省することになったのですが、懐かしい田舎町の寂れた景色を眺めていると哀愁を感じました。』

まとめ

「哀愁を感じる」という表現の意味・使い方などについて説明してきましたが、いかがでしたか?

「哀愁を感じる」とは、「ノスタルジー・共感などによって、寂しさや悲しみを感知すること」を意味している慣用句的な表現になります。

「哀愁を感じる」という言葉の意味・概要について詳しくリサーチしたい時は、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典