スポンサーリンク

「問いかける」と「問い合わせる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「問いかける」と「問い合わせる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「問いかける」「問い合わせる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「問いかける」とは?

「問いかける」の意味と使い方について紹介します。

「問いかける」の意味

「問いかける」「といかける」と読みます。

意味は、「相手に言葉を発して質問すること」です。

「問いかける」の使い方

「問いかける」は、名詞「問いかけ」が動詞化した言葉で、「相手に言葉を発して質問すること」という意味です。

相手に対して「〇〇とは何だと思いますか?」などと、質問する時に使われます。

「問いかける」は基本的に、目の前に相手がいる、或いは相手と電話やオンラインなどでつながっているなど、直接対話できる時に使われる言葉です。

内容は、ビジネス的なことから個人的に興味を持っていることまで様々です。

「問い合わせる」とは?

「問い合わせる」の意味と使い方について紹介します。

「問い合わせる」の意味

「問い合わせる」「といあわせる」と読みます。

意味は、「不明な点を、メールや電話、手紙などで聞いて確かめること」です。

「問い合わせる」の使い方

「問い合わせる」は、分からない点について、メールや手紙、電話などで質問して確かめることを言います。

業者や組織、団体などに対して、分からないことを質問する時に使われます。

メールや手紙などは文章による質問ですが、電話は直接相手と話せることもあり、その場で回答して貰えることもあります。

基本的に「問い合わせる」は、目の前の相手ではなく、何かを介して相手に質問する時に使われる言葉です。

「問いかける」と「問い合わせる」の違い!

「問いかける」「相手に言葉を発して質問すること」です。

「問い合わせる」「不明な点を、メールや電話、手紙などで聞いて確かめること」です。

まとめ

今回は「問いかける」「問い合わせる」の違いをお伝えしました。

「問いかけるは言葉で質問する」「問い合わせるは対面以外で聞いて確かめる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典