スポンサーリンク

「喧伝」と「吹聴」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「喧伝」と「吹聴」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「喧伝」「吹聴」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「喧伝」とは?

「喧伝」は、「けんでん」と読みます。

誰かれ構わず話し、話題にして好き勝手に言い合うことが「喧伝」です。

誰かと世間話をしていて、単に伝えるだけとは少し意味合いが異なります。

例えば、毎日のようにテレビのワイドショー番組で放送されている内容をイメージしてみてください。

誰もがあれこれと意見し合っています。

あれが「喧伝」です。

「吹聴」とは?

「吹聴」は、「ふいちょう」と読みます。

仲間内で、「あの子って〇〇らしいよ」とコソコソ話をするイメージです。

言いふらしてしまうことを言います。

「喧伝」と「吹聴」の違い

「喧伝」「吹聴」は、ともに言い広めてしまうことを意味する言葉ですが、違いは言いふらす範囲が異なります。

「喧伝」は、相手を限定せずに話をどんどん広めてしまう様子を表します。

マスメディアで芸能人のプライベートを知らせてしまうなどの行為のことです。

一方の「吹聴」は、あくまでも仲間内だけなど限られたコミュニティの中で言い広めてしまう状態になります。

誰かに話した時点で使えるのが「吹聴」で、そこからどんどん話が膨らみ不特定多数が認知したら、その言いふらしは「喧伝」になります。

まとめ

話を広める行為を表すには、「喧伝」「吹聴」のほかにも宣伝や流布などの違いが分かり辛い言葉がいくつかあるので、気を付けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典