「喧噪」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「喧噪」

喧噪という表現は「けんそう」と読み、人の声や物音で騒がしい状態を指しています。

騒ぎ、大騒ぎ、騒音、波乱、などといった類義語があります。

都会独特の騒がしさなどを都会の喧噪と表現することがあります。

喧騒と書く場合もあります。

「喧噪」の意味

喧噪とよく似た言葉に雑踏というものがあります。

喧噪という言葉は人の声や物音がうるさいことを指しており、大きな音や声が入り混じって騒がしい様子を表しているのです。

その一方で雑踏というのは大勢の人で混み合った状態を指しており、喧噪とは意味が違うということがわかります。

喧噪というのは比較的大きな場所で人の声や物音が入り混じって騒がしい状態を指していますが、雑踏は大勢の人が移動しながら混雑を招いている状態を指しているのです。

「喧噪」の言葉の使い方

喧噪という言葉は都会の喧噪などといった使われ方が多く、日常会話においてもよく使われる表現です。

ビジネスにおいても使われることがありますので、覚えておくと良いですね。

「喧噪」を使った例文・短文(解釈)

喧噪という言葉を使うとどのような文章ができあがるのでしょうか。

ここでは喧噪という言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「喧噪」の例文1

「都会の喧噪は騒がしいけれど同時に生きているという感覚を得るために不可欠なものである」

都会に行くと人が多く、人が動き回る音や生活生などで賑やかですよね。

それは確かにうるさいと感じることもあるかもしれません。

しかしその一方で多くの人が生活しているということを実感でき、自分自身も生きているということを実感できる不可欠なものだ、むしろ心地よいものだ、と感じる人もいるのではないでしょうか。

田舎から都会に行くととにかく喧噪が凄いと思う人もいるかもしれませんが、その一方で田舎から都会に行くとその喧噪が懐かしく思えることもあります。

「喧噪」の例文2

「被災地は大きな被害を受け、体育館などに避難した人たちが大きな喧噪を作り出していた」

日本は自然災害が多い国です。

最近では地球温暖化などの影響もあり、台風が増えましたね。

それに加えて地震が起こることも多く、最近は特に多くの自然災害に見舞われています。

そのため、必要に応じて近所の学校の体育館などに避難しなければいけないということもあるかもしれません。

そのような時、避難所では多くの人たちが集まりますから喧噪が広がっていく可能性もあります。

今後どうなるのか、どうしたら良いのか、全然見当もつかないという人たちが不安で物音を立てているのです。

「喧噪」の例文3

「ゴールデンウィークのディズニーランドにはとても多くの人が集まり、その喧噪は活気に溢れている」

ディズニーランドは常に人気がある場所ですよね。

だからこそ、ゴールデンウィークや夏休み等の長期休暇には多くの人が訪れます。

ディズニーランドは家族で訪れることもできる場所ですが友達と訪れることもできますし、年齢を問わずに楽しむことができますね。

ゴールデンウィークなどは特に多くの人が訪れますから、入場制限などがされることもあります。

スプラッシュマウンテンなどに乗りたいと思ったら3時間から4時間、あるいはそれ以上列に並ばなければいけないということもあるでしょう。

そのような騒がしい状態はまさに喧噪といえます。

ただし、この場合は雑踏ということも可能です。

「喧噪」の例文4

「帰省ラッシュで渋滞した高速道路はまさに喧噪と言って良いほどの雰囲気だった」

特に年末年始やお盆の時期には実家に帰省するという人も多いのではないでしょうか。

その頃には帰省ラッシュが話題になりますね。

高速道路や新幹線等は帰省する人で混んでしまい、高速道路が渋滞する、新幹線は満員で乗れない、などという事態にもなりかねません。

そのような時に子供を連れて移動するのであれば子供が迷子にならないように工夫をしなければいけませんね。

そして、そのような混雑した状態はまさに喧噪だと言えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典