スポンサーリンク

「営為」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「営為」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「営為」の意味を分かりやすく説明していきます。

難しいと感じる言葉を、正しく理解していきましょう。

スポンサーリンク

「営為」とは?意味

営為(えいい)とは、毎日の仕事のこと。

または日々のライフスタイルをあらわします。

人々の活動や社会的な営みをつたえる言葉になります。

そもそも「営為」には「営」「為」という2つの漢字が含まれています。

「営」には「忙しく活動する、生活のために働く」という訳があります。

そして「為」には「利益となること、役に立つこと」という意味があります。

つまりある程度の儲けを期待して、仕事をおこなうこと。

まとまった収入を手に入れていく様子が「営為」です。

生活していくためには、お金が必要なので「営為」は私たちの暮らしに欠かせない生業になります。

「営為」の概要

「営為」はドイツ語の『Arbeit』からきている言葉です。

『Arbeit』には「仕事、労働、職業」という「働くこと」にまつわる訳があります。

日本で使われている「アルバイト」も実は、ドイツ語の『Arbeit』が元になっているものです。

そのため仕事論を語るとき「仕事は社会的な営為なのか」という使い方もします。

また「営為」は哲学など、精神論を語る場でもよく用いられています。

そのため哲学のことを「知的営為」と置きかえたり、建築デザインのことを「創造的な営為」と例えたりします。

営為には「意図的におこなうこと、目的があっておこなうもの」というニュアンスも含まれています。

そのため目的があってしていることは「営為」になります。

「営為」の言葉の使い方や使われ方

「営為」はこのように使います。

・『音楽の営為とは何か、考えるシンポジウムが開かれた』
・『社長になってから、経営という営為の難しさを感じた』
・『下町の人たちの営為を見つめた、映画が公開された』
「営為」とは人々のアクティブな活動のこと。

商売や稼業、仕事をあらわします。

そのため商業主義を考える会合や、仕事について考えるシーンで用いられています。

「営為」の類語や言いかえ

「営為」はこのような言葉に置きかえできます。

・仕事
・商売
・生活
・営み
「営為」は目的があっておこなう、人々の活動をあらわす言葉です。

企業の利益を追求するため、研究を成功させるため、街を活性化させるため、それぞれの目的は異なりますが「経済をまわすための商業主義的な行い」「営為」と呼んでいます。

そのため、仕事や商売、営み、ビジネスなどの言葉に置きかえできます。

まとめ

「営為」の意味と使い方を改めておさらいしました。

「営為」とは社会生活を成り立たせるための、商業的な活動のこと。

会社に行って仕事をすること、音楽や芸術で生計を立てることも「営為」と呼んでいます。

何のためにその活動をしているのか、仕事論や哲学論を語るときにも取り沙汰されるフレーズです。

知識のひとつとして覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典