スポンサーリンク

「嘘」と「失敗」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「嘘」と「失敗」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「嘘」「失敗」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「嘘」とは?

本当や事実でないことを、相手が信じるように伝えること、偽り、人を欺く言葉などを意味する言葉で、「嘘を付く」という言い方になります。

会社間での嘘、行政から会社、市民への嘘は重大なタブーと言えます。

個人間ではタブーとまでは言えませんがあまり良いものとは取られていません。

嘘を付く人の「嘘つき」あからさまな嘘、多くの嘘である「嘘八百」嘘であっても他人のためになると言った意味の「嘘も方便」などの言葉があります。

「ウソ話」に関しては、内容にもよるところが大きいですが、ありえない適当に作った話ということで、くだらないが面白いものと肯定的にとらえられることもあります。

また、新聞などマスコミが言うことではありませんが、選挙公約が達成できなかった政治家は嘘として提案したわけではないものの、結果的に嘘つきと見なされてしまうことがあります。

「失敗」とは?

物事をしそこなうこと、やり方を誤ったため目的と違った結果になってしまうこと、しくじることなどを指す言葉です。

失敗という言葉は範囲が広く、目標にわずかに達していない場合でも失敗と見なす場合もあれば、結果が全く出ない失敗も失敗です。

ただし「致命的な失敗」「大失敗」とという失敗の程度を示すことのできる言葉もあります。

「選手交代は失敗だった」であれば少なくとも交代させた監督、交代した選手ともに思うような結果が出なかったことになります。

「失敗は成功のもと」「失敗はつきもの」「失敗を恐れない姿勢」などの言葉があり、失敗は身近なものではあるといえるでしょう。

なお、失敗は現実に起きたことだけでなく、未来の失敗への予測や対処という概念がある言葉です。

失敗そのものはネガティブなことですが、減らすことは出来てもなくすこともでは出来ず、失敗をフォローできるかを重視する向きも多くなっています。

「嘘」と「失敗」の違い

「嘘」「失敗」の違いを、分かりやすく解説します。

「嘘」は相手をだますことや偽ることです。

「失敗」は思ったような結果が出ないことで、結果を期待していた人にとっては失敗は嘘と同じように取られてしまうケースもわずかにあります。

「嘘を付くことがバレる」ことは「嘘を付くのに失敗」すると言えます。

「失敗したと嘘を付く」ことは現実では成功していることになります。

会社同士、行政から市民や会社などへの関係性では嘘を付くことは非常に強いタブーです。

失敗に関しては良くは思われませんがタブーとまでは言えず、失敗を隠すことなどのほうがタブーに近いと言えます。

まとめ

「嘘」「失敗」は密接な関係のある言葉とまでは言えませんが、失敗を隠す行為は嘘と並んで悪い行為とされます。

また、よく失敗する人と嘘つきでは悪意の問題、矯正の可能性の問題からよく失敗する人のほうがまだよく見られていると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典