「団地型マンション」と「単棟型マンション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「団地型マンション」と「単棟型マンション」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「団地型マンション」「単棟型マンション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「団地型マンション」とは?

「団地型マンション」の意味と概要について紹介します。

「団地型マンション」の意味

「団地型マンション」「だんちがたまんしょん」と読みます。

意味は「同じ敷地内に、複数のマンションが建設されていること」です。

「団地型マンション」の概要

「団地型マンション」は、その敷地内に、複数の棟のマンションが建てられていることを言います。

土地を開発する時に、一つの地域として設計されていて、棟ごとの共用スペースや全棟で共用できるスペースなどがあります。

「〇〇ヴィラ」「〇〇ヒルズ」などオシャレな名称が付くこともあります。

それぞれのマンションにはタイプがあり、建物の向きや間取り、広さなどが違うこともあります。

管理組合は一つですが、ファミリータイプとシングルタイプなどが混在する場合、運営が難しくなります。

「単棟型マンション」とは?

「単棟型マンション」の意味と概要について紹介します。

「単棟型マンション」の意味

「単棟型マンション」「たんれんがたまんしょん」と読みます。

意味は「一つの敷地に1棟のマンションが独立して建設されていること」です。

「単棟型マンション」の概要

「単棟型マンション」は、一つの敷地に1棟だけ建てられているマンションのことを言います。

基本的に住居専用で、間取りの違いはあってもほぼ環境が同じであることから、住民同士で意識を共有し易くなります。

共有スペースなどにもついてもルールが設定し易く、管理や運営が楽になります。

「団地型マンション」と「単棟型マンション」の違い!

「団地型マンション」「同じ敷地内に、複数のマンションが建設されていること」です。

「単棟型マンション」「一つの敷地に1棟のマンションが独立して建設されていること」です。

まとめ

今回は「団地型マンション」「単棟型マンション」の違いをお伝えしました。

「団地型マンションは複数棟」「単棟型マンション1棟のみ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典