スポンサーリンク

「地滑り」と「土石流」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「地滑り」と「土石流」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

近年は土砂災害が発生したとのニュースをよく耳にしますが、その時には「地滑り」「土石流」などの言葉が使われます。

両者の違いは何となくイメージできそうですが、確実に説明するのは難しいかも知れません。

そこで、この記事では、「地滑り」「土石流」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「地滑り」とは?

「地滑り」は土砂災害の一種で、山などの斜面が広範囲にわたり、ズルリと滑り落ちる現象です。

比較的低速で進行するのが特徴で、ゆっくりと、しかし断続的に地表が滑り落ちていきます。

スピードは緩慢で、年間数十メートルづつ移動し、最終的に崩れ落ちるようなケースも珍しくありません。

ただし油断は禁物で、地震などが影響した時は、ハイスピードでなだれ落ちる「高速地滑り」が生じることもあります。

原因は地下水の上昇などが考えられ、一定の地質・地質構造のエリアにおいて発生確率が高め。

地表が塊となって滑落していくため、最終的には大きな被害を生じるケースが多いです。

「土石流」とは?

河川や、山間部の谷状になっている部分で起こりやすい、土砂災害の一種とされます。

大量の土砂を含んだ水が、川や谷を高速で流れ落ちる現象で、毎年のように死者が発生している危険な災害の一つです。

メカニズムはシンプルと言えます。

降雨のたびに水と一緒に土砂やがれきも運ばれており、これが川や雨水の通り道に堆積してしまうのです。

この溜まりに溜まった土砂やがれきの塊が、大雨をきっかけに崩壊し、一気に流れ落ちてきます。

20度を超える勾配がある場所で好発し、大岩石や大木も流れ落ちてくるため、甚大な被害が生じかねません。

「地滑り」と「土石流」の違い

「地滑り」「土石流」の違いを、分かりやすく解説します。

まず「地滑り」は地下水の作用によって地表部分が滑り落ちるのに対して、「土石流」は雨で運ばれてきた土砂や瓦礫が地表を流れてくる現象です。

また、進行速度や規模も違います。

前者は広範囲の地面が塊となって、ゆっくりと滑り落ちるのが特徴です。

対して後者は高速で、しばしば傾斜の上から下にかけて扇状に被害が生じます。

原因も異なり、「地滑り」は地下水位が関係しますので、大雨はもちろんですが雪解け水や、ダムの建設が原因となったこともありました。

対して「土石流」の場合は、一般的に大雨の時に発生しやすいと言われます。

このため、対策も違っており、「地滑り」では地下水を除去したり、地表水がしみ込むのを防ぐのが一般的。

「土石流」では、砂防ダムを設けて土砂の流出を防ぎ、たまった瓦礫を定期的に取り除いています。

まとめ

「地滑り」「土石流」の違いをまとめてきました。

どちらも山津波と呼ばれて混同されるケースが珍しくありませんが、明確に区別できる現象です。

両者の違いがわかると、ニュースを見る時に役立つのはもちろん、土地や家を買う時の参考にもなりますので、ぜひ、覚えておくのがおすすめできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典