「場面」と「シーン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「場面」と「シーン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「場面」「シーン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「場面」とは?

「場面」の意味と概要について紹介します。

「場面」の意味

「場面」「ばめん」と読みます。

意味は「あるものごとが繰り広げられているその場の様子」「演劇や映画などの一つの情景」になります。

「場面」の概要

「場面」には、主に以下の2つの意味があります。

1つ目は「あるものごとが変化していく時にその場のありさま」という意味で、「辛い場面に遭遇する」などと使います。

こちらは「変化していく状況」という意味があるので、「シーン」と入れ替えて使えません。

2つ目は「演劇や映画などの一つの情景」という意味で、ある一区切りの状況を設定してパフォーマンスをする時に「別れの場面が感動的だった」などと使います。

こちらは後に紹介する「シーン」と同じ使い方をします。

「シーン」とは?

「シーン」の意味と概要について紹介します。

「シーン」の意味

「シーン」「劇・映画・小説などの様子」「風景・情景」「ある分野の現在の状況」という意味です。

「シーン」の概要

「シーン」には、主に以下の3つの意味があります。

1つ目は「劇・映画・小説などでのものごとの様子」という意味で、上記の「場面」と入れ替えて「別れのしシーンが感動的だった」などと使います。

2つ目は「風景・情景」という意味で、こちらは英語の「scine」の意味と同じですが、「景色」という意味であり、状況を表す「場面」とは違います。

3つ目は「ある分野の現在の情況」という意味で、「音楽シーン」などと使います。

「場面」と「シーン」の違い!

「場面」「ものごとが変化していく状況」というニュアンスが含まれます。

「シーン」「景色」というニュアンスが含まれます。

まとめ

今回は「場面」「シーン」の違いをお伝えしました。

「場面は変化する状況」「シーンは景色」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典