スポンサーリンク

「変革」と「改革」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「変革」と「改革」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「変革」「改革」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「変革」とは?

変えて新しいものにすること、変わって新しいものになることを意味する「変革」

物事の姿がすっかり変わる、様変わりする、ことを意味するものとなります。

「変革」の場合、今ある制度などにおいて、根本的に変えることを意味し、一部を変えるだけではなく、その中身すべてを変える、そんな内容となります。

このような意味から、「変革」の類語は、「入れ換える」「変更」「手直し」「刷新」「改変」「改良」「改善」などとなります。

「変革」の使い方

なにを「変革」するのかを示す使い方として、「制度の変革」「政治体制の変革」「意識の変革」「業務の変革」「自己の変革」などがあります。

そのほか、「変革を迫る」「変革を起こす」「変革者」「変革的」などといった使い方もあります。

「改革」とは?

従来からある制度などを改めてより良いものにすることを意味する「改革」

従来の制度や仕組みを今まで以上に優れたものへと作り変えることを「改革」と言います。

この場合、制度や仕組みの根本的な骨組みを変えることはありません。

その根本的な骨組みは、そのままに細かな部分に手を加え良くしていくことが「改革」です。

このような意味から、「改革」の類語は、「改良」「練り上げ」「合理化」「一新」「イノベーション」などとなります。

「改革」の使い方

なにを「改革」するのかを示す使い方として、「意識改革」「税制改革」「制度改革」「業務改革」「教育改革」などがあります。

そのほか、「改革の叫び」「改革を成し遂げる」

「全面的な改革」「改革案」などがあります。

「変革」と「改革」の違い

同じ変えることでも、その範囲に大きな違いのある「変革」「改革」

「変革」の場合、従来のものすべてを変え、全く新しいものにするといった意味があり、「改革」の場合は、従来からある根本的な骨組みは変えず、周りを大幅に変えるといったものとなります。

どの程度、変えるのかといった範囲が「変革」「改革」の大きな違いとなります。

「変革」の例文

・『今後、事業を大きく成功させるためには大きな変革を起こす必要があると考えている。』

・『これからの社会で成功するためには、意識の変革も時には必要です。』

・『落ち込んだ営業成績を上げるためには、君の場合、まず、意識の変革から行う必要がある。』

・『ネットの普及により、業務の大きな変革が求められた。』

「改革」の例文

・『上司に改革案を提出する。』

・『いざ、業務の改革を行うと思うと問題ばかりで前に進みません。』

・『彼女と話し合いを行った結果、自分自身が意識改革を行わなければ何も変わらないと感じた。』

・『もう少し、国民のことを考えた制度改革を行って欲しいものです。』

まとめ

以上が、「変革」「改革」の違いです。

変える度合いを踏まえ、適した使い分けが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典