スポンサーリンク

「変革」と「革新」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「変革」と「革新」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「変革」「革新」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「変革」とは?

変えて新しくすること、新しくするために変えることです。

「変」は、かえる、かわる、「革」は、あらためる、あらたまる、新しくするという意味がある漢字です。

このことからも、「変革」とは新しく変えるという意味であることがわかります。

何を変えるのかというと具体的なものは指していません。

具体的にはつかめないものを変えることを指す場合が多いです。

現在は砂糖をスーパーで簡単に安く手に入れることができますが、かつてヨーロッパでは高価なものとして扱われていました。

貴族しか口にすることができない、高価で貴重なものだったのです。

それが次第に庶民も口にできるようになり、これまでの庶民の食卓が変わりました。

このことを「砂糖が食卓に変革をもたらす」と表現できます。

食卓が変わったといっても、漠然としていてつかみどころがありません。

このような、変わるものにつかみどころのない場合に「変革」ということが多くあります。

「変革」の使い方

新しく変わることを指して使用する言葉です。

何が変わるのか意味に含まれておらず、さまざまな事柄に使用されています。

たとえば、人々の意識、業界、社会、組織などがあります。

「革新」とは?

これまでの制度・習慣・方法などを新しいものにするという意味があります。

よりよいものに変えるといった意味合いを持ちます。

「新」という漢字には、あたらしくする、あらたにするという意味があります。

このことからも、「革新」とは新しくするという意味であることがわかります。

この言葉が指す新しくするものは、古い制度・習慣・方法などです。

洋服を新しくする、家を新しくするなどのことではありません。

「技術革新」のようないい方をします。

この場合、古い技術を新しいものに変えるという意味になります。

人間は技術を進歩させることで、便利な生活を手に入れてきました。

技術が新しいものになることで、これまでよりもよい生活を送れるようになったり、よい製品ができたりすることが期待できます。

「革新」の使い方

制度・習慣・方法などを新しくするという意味で使用をします。

物品を新しくするという意味ではありません。

「変革」と「革新」の違い

どちらの言葉にも、あらためるという意味を持つ漢字である「革」が使用されている通り、新しくする、改めるという意味が含まれています。

違いは、何を新しくするのかです。

「変革」は何を新しいものに変えるのか具体的なことは意味に含まれていません。

つかみどころがないものが新しくなることを指して使うことが多いです。

「革新」は古い制度・習慣・方法などを新しく変えることです。

まとめ

どちらの言葉も「革」という漢字を使用しており、新しくするという意味を持っているのですが、何を新しく変えるのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典